読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

結果を残せない人の仕事術

横断歩道を歩く人のモノクロ写真

こんにちは。

 

トップセールスマンほど、セールスに関する本を読まない。

これは事実です。

 

ビジネス書を作る人間は、ビジネス書を読んではいけない。

これは、ある出版プロデューサーの言葉です。

 

私は以前、セールスの仕事をしていました。

当時はセールスに関する本を100冊近くは読んだと思います。

それでも、手元に残った本は1冊もありません。

 

一流の人が100人集まれば、そこには100通りのやり方が存在します。

一流でない場合も同じです。

 

結局、どれも正解なんだな。

そんな結論に至ってからは、ビジネス書自体買う頻度が一気に減りました。

 

ちなみに私がセールスマン時代に購入して、今でも手元に残っている1冊。

それは『Think Simple アップルを生み出す熱狂哲学』というマーケティングの本です。

スランプから救ってくれた本でもあります。

 

仕事をする上で、インプットは超重要な要素です。

インプットで結果はほぼ100%決まります。

しかし、その100%の大きさは人それぞれです。

 

売り上げ成績が1億円の人にとってみれば、それが100%の力と言えます。

もし、売り上げ成績が100万円でも同じこと。

 

では、結果を伸ばしていくにはどうすればいいのか?

 

それはインプットの質を上げていくしかありません。

さらに言うと、あなたのやり方を作る土壌になるものを探すことです。

 

私は前回のブログでこんなことを書きました。

正解はいくつあってもいい。

y-matsue.hatenablog.com

仕事においても、正解ばかり求めている人ほど結果は出ないものです。

結果が出れば、それが正解になるだけなのです。

 

最初に書いたトップセールスマンほど、セールスの本を読まない理由もそこにあります。

 

答えありきで動いても、その答えにたどり着くことはまずありません。

その答えを証明できるのは、その答えを作った人だけです。

 

仕事で結果をだすためのコツ。

それは、結果が出るまでやり続ける。

 

これに尽きます。

結局、諦めたら終わりなんです。

 

他人のやり方ではなく、自分のやり方を工夫する。

それで結果が出れば、オンリーワンの強みを手に入れたことになります。

 

あなたはオンリーワンの強みを持っていますか?

 

なくても大丈夫。

大事なことは諦めないことです。

 

それではまた。

木漏れ日の写真