横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

【男目線】全然美人ではないけれど圧倒的にモテる女性の特徴

ヘッドホンで音楽を聴いている女性の写真

恋とは自分本位なもの。

愛とは相手本意なもの。

美輪明宏

 

あるバーテンダーはこんなことを言っています。

「酒の度数と心の壁の高さは比例する」

一人でカウンターに座ってお酒をストレートやロックで飲んでいる女性ほど、誰からの誘いにも乗らない傾向があるそうです。

 

社会学者の宮台真司氏も面白いことを仰っています。

 最低限の防衛戦が犯されない限りは、余計な防衛はせずに全てを護るようにするのです。そうすれば、自己観察と他社観察の余裕が得られます。

(『ビープラス/仕事を楽しむためのWEBマガジン』のインタビューより)

 

隙(すき)が多ければ多いほど、出逢いも必然的に多くなる。

これは真実だと思っています。

 

自分の周りを頑丈な壁で囲めば、それだけ視野も狭くなります。

視野が狭くなれば、狙える獲物の数も当然減っていきます。

 

あなたが望んでいる世界。

そして、あなたの周りの現実世界。

両者は常にイコールであり、整合性が取れた状態とも言えます。

なぜなら、人は世界を都合のいいようにしか見れないからです。

 

出逢いがないのではありません。

出逢いのない自分を自ら演じてしまっているのです。

 

出逢いの少なさを嘆く人に、心のキャパを越えた出逢いが押し寄せてきたらパニックになるはずです。

パニックにならない、もしくは多数の中から正しい選択をするためには心のキャパを広げて余裕を持つしかありません。

 

余裕を持ってリラックス。

そんな状態こそIQが上がって正しい判断が可能である。

これは科学的に証明されている事実です。

 

もっとたくさんの人と出逢いたい。 

もし、あなたがそのように思っていれば、まずは防衛線押し下げて隙(すき)を“意図的に”作ってみることです。

これは、恋愛だけの話ではありません。

ビジネスにも使えるはずです。

 

では次に、余裕とリラックスはどうしたら生み出せるのか?

これは私自身セールスマン時代に実践していたことでもありますが、相手の懐に飛び込んでみることです。

自分が担当していたスタッフによく言っていたのは、目の前にいる人の妹、もしくは弟になった気分で接してみることです。

年が離れていれば、“一時的”な子供になってみる。

そうすれば自然と心が打ち解けてしまうものです。

 

隙があるからこそ、相手の懐にも飛び込めます。

だから自分に対しても隙を作ってみる。

決して怖いことではありません。

人間の脳にはRASと言って、本当に必要なものを選別するフィルターシステムが備わっています。

自分、そして自分の脳を信じてみてください。

最後は自分で自分を護れるように人は作られています。

 

それではまた。

 

◆こちらの記事も参考にしてみてください

y-matsue.hatenablog.com

 

コーチングに関するお問い合わせはこちら

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください