読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

嫌いな人間に自分の感情をコントロールされない技術

テーブルに顎を付けて冴えない感じの男性の写真

こんにちは。

喜怒哀楽という四つの感情。

この中から一つだけ永遠に葬られるとしたら、あなたはどれを差し出しますか?

多分、多くの人が「怒」と「哀」のどちらかで迷われると思います。

私だったら「怒」を差し出します。

なぜなら、怒りほどエネルギーを消耗する感情はないからです。

 

怒りというのは感情の面だけを見るとマイナスのことばかりです。

しかし、実際はそうでもないと思います。

もし、自分や大切な人が不当な扱いを受けた場合、そのときは怒りを表すべきですよね。

その場合の怒りは、「意思表示」と言い換えることができます。

 

怒りは話し合いをすることで消えていくことがあります。

それは個人レベルだけでなく、もっとグローバルなレベルであってもです。

 

しかし、話し合いをしてもそう簡単に消えない感情があります。

それは「嫌い」という感情です。 

 

好き嫌いは正反対の感情のようですが、根本的には似ていると思います。

なぜなら、どちらも客観的な根拠がないからです。

 

けれども、「嫌い」という感情ほど根深いものはない。

それは人類の歴史を見ても分かることです。

 

あなたは人間関係の悩みを持っていますか?

人が持つ悩みのほとんどは「人間関係」に端を発していると言われています。

もし、あなたが人間関係に悩んでいる場合、さらに突き詰めていくと、嫌いな人の存在があるのではないでしょうか。

嫌いな人の存在は、距離に関係なくあなたを苦しめることでしょう。

 

嫌いな人間をなくすには、自分が神のような存在になってすべての人を受け入れることです。

しかし、ココロは正直ですよね。

では、聖人君子ではない我々一般人が、「嫌い」という感情に対してどのように対処していけばいいのでしょうか。

そのヒントとなるのが、「場の共有」という概念です。

手をつなぐカップルの写真

遠距離恋愛をしているカップルは、離れ離れになっていてもお互いの心が通じ合います。

それは「価値観」の共有をしているからです。

「場」は物理空間のもの。

「価値観」は情報空間のもの。

脳科学では物理空間と情報空間には連続性があると考えます。

 

遠距離恋愛中のカップルは、無意識レベルでも恋人がそばにいないことに違和感を覚えます。

そして、物理空間と情報空間の整合性を保とうとするために、何週間に一度、もしくは何ヶ月に一度でも実際に会おうと行動を起こします。

つまり、「場の共有」とは「価値観の共有」を意味するのです。

 

逆に、オフィスのような同じ空間にいたとしても、価値観が違えば「場を共有している」とは言えないのです。

もし、あなたが嫌いだと思っている人間が心の中から離れない場合。

それは、完全にココロをコントロールされている証拠だと言えます。

なぜなら、無意識のうちに「あなたの方から」相手の価値観に合わせようとしているからです。

価値観を合わせようとしないかぎり、相手はあなたのココロの中に入り込むことはありません。

 

誰でも普通に生活していれば、イラッとすることが多々あると思います。

嫌いな人と顔を合わせなければいけないこともあるでしょう。

そんなときは、

「この人とは初めから価値観の共有をしていない」

と考えると感情がスーッと落ち着いていきます。

 

もっとわかりやすく言うと、

「初めから住んでいる世界が違う」

と割り切ってしまうことです。 

海辺でジャンプしている女性の写真

おわりに。

 

今回取り上げた方法は日常で役に立つと思われます。

しかし、本当にお伝えしたかったこと。

それは、

常日頃から、思考のポイントを誰よりも遥か高く上げておくということです。

そのためには抽象度の高いゴールを持つことが重要になります。

 

自分のことだけを考えていると、同じく自分のことだけを考える人と衝突するものです。

人間関係で息苦しさを感じたら、思考の抽象度が下がっていないかチェックしてみてください。

 

書店に行けば、コミュニケーションに関する本がたくさん平積みにされています。

しかし、自分の道を突き進んでいる人にはそれらの本は不要です。

なぜならば、自分のルールで生きているからです。

 

ぜひ、あなたも自分のルールで生きてください。

そんなあなたを私は応援します。

 

それではまた。

黒板の写真