横浜ライフコーチング

身体性を重視した、脱力系次世代幸福論。

五月病は辞めたいと思っている会社にいるかぎり、ベテランでも治らない

商店街の裏通りの写真

この世で重要なことは、自分が「どこ」にいるかではなく「どの方向」に向かっているかだ。

- オリバー・ウェンデル・ホームズ(作家・医学者)

 

こんにちは。

ご訪問、ありがとうございます。

 

“日本の英語教育の歴史を変える”

これは私が外資系教育関連企業に勤めていた頃のミッショントーク

ミッショントークとは「なぜ自分はこの仕事にしているのか」を簡潔に表現する自己紹介のこと。

 

経営理念に惹かれて希望の企業に入社出来る人なんてほとんどいないはずなのに、なぜか気付いたらどっぷり会社の方針に毒されてメンタルがやられている人があまりにも多い気がしています。

 

会社にいるのがツラいと思うのは若者だけではありません。

ベテランと言われる立場の人も同じです。

 

あなたの周りを見渡してみてください。

腰痛、肩こり、手足のしびれ、首や背中の痛みといった筋骨格系の不調に悩まされている人いませんか?

これらは心理社会的因子の影響で起きると言われています。

 

実は、私自身重度の腰痛で順調だった会社員生活からドロップアウトしてしまった経験があります。

いま振り返れば、当時自分が掲げていたミッショントークと周囲との温度差を痛烈に感じた時期でもあったのかなと思います。

 

やりたいことを仕事にしようみたいな、呑気なことは言いたくありません。

けれども、“ミッショントークを貫ける仕事に就こうよ”とだけは言わせてください。

 

それにミッショントークだって、そのときどきで変わって当然です。

仕事が変わるたびに新しいミッショントークを作ればいいんだし、抽象度の高いミッションを掲げて、それに近い仕事を転々とするものありだと思います。

 

時代が変われば自分も変わり、それと同じくすべての人も変わります。

大事なことは、人はみな幸せになれる権利があり、幸せになるためのイニシアチブ(主導権)は自分だけしか握ることができず、だれもそれを邪魔することは許されないってことです。

 

もうすぐ5月も終わりそうだったので、振り返りたくない自分の過去を少しだけ思い出しながらこの記事を書いてみました。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ではまた。

www.youtube.com

連絡先:

yoshihikomatsue◯gmail.com

◯を@に変えてください

木漏れ日の写真