横浜ライフコーチング

身体性を重視した、脱力系次世代幸福論。

引き寄せ信者が知らないお金の法則

明治神宮の参道の写真

何を考え、何を知り、何を信じているかは、結局取るに足らないことだ。唯一重要だと言えるのは、何をするかだ。

- ジョン・ラスキン(思想家・美術評論家

 

こんにちは。

「日頃自分が接している人たちの平均年収=将来の自分の年収」という、意識高い系の人が好んで用いる図式があります。

確かにこの図式は、間違ってはいません。

しかし、年収の高い人が発する情報に常日頃接していれば、自分の年収も自然と上がっていくと勘違いしている人も多いような気がしています。

 

実際、リアルで有益な情報ほど、言語化することは困難です。

まさに密教の世界と同じです。

だからこそ、それなりのお金を払って時間を共有し、本当に重要な部分を“自らの手で”形にしていく作業が必要になります。

 

もし、一年後の“リアルな”自分の収入を知りたければ、こんなことを試してみてください。

それは、「いま、やりたいことをするため、もしくは欲しいものを買うために、いくらまでなら借金をして返せる自信があるか」というのを自分自身に質問してみてください。

 

結局、自分自身に対してスペースを作ることが重要になります。

「入る余地がなければ、何も入ることはない」という当たり前の法則で宇宙全体は動いています。

 

お金は貯めてもそこからエネルギーは生まれません。

お金を入れるためのスペースを作ることで、自分自身やお金自体にエネルギーは生まれます。

 

引き寄せよりも分かりやすい、シンプルな法則について今日は書いてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。 

木漏れ日の写真

松江ヨシヒコの連絡先/

yoshihikomatsue@gmail.com