読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

やり直しがきかないというのは、都合のいい大人社会の幻想。

ライフスタイル 幸せになる方法 仕事

ビールで乾杯している人たちの写真

心は、天国を作り出すことも、
地獄を作り出すこともできる。

- ジョン・ミルトン(英国の詩人)

 

こんにちは、松江です。

日本とアメリカの違いは

“敗者復活”の土壌の有無と言われています。

もう一度這い上がりやすいのは、言うまでもなくアメリカのほうです。

 

では、なぜ日本では敗者復活が歓迎されないのか?

それは、単に支配する側の都合だと思います。

会社でも学校でも、簡単に辞めてもらっては

困る理由があるからです。

 

精神的に限界がきても、そこから降りようとしない。

結果的に、参って這い上がるのが困難になってしまう。

今の時代、そんな経験がない人の方が珍しいのではないでしょうか?

 

私は、やり直しは何度もすべきだと考えます。

むしろ、やり直しを続けることで

人のココロは強くなっていくものだと思います。

 

多くの人が恐れていることの一つに、

“食いっぱぐれる”ということがありますよね?

 

私の尊敬している人も仰ってますけど、

いまの時代に餓死する根性があったら、

何をやっても成功するはずです。

 

ほんと、恐れの対象って

人が勝手に作っている幻想なんでよね。

 

失敗だって、こんな曖昧な言葉ないですよ。

過去の“栄光”も同じ。

あなたが生まれる前に活躍したオリンピック選手の

名前をいくつ言えますか?

私は、コマネチくらいしか思いつきません。

 

バブルの時代に流行ったものだったらいくつでも

出てきます。

リゲイン、ジョルトコーラ、ハチミツレモン、

BaBe、カルロストシキ、オヨネーズノルウェイの森・・・

 

あの時代が戻ってくるのなら、

多分50代以上の人たちはみな喜んで人生やり直すと思います。

(ちなみに私はもっと下の世代です)

 

やり直しこそ、心理的盲点に隠された

本当に自分が探していたものと巡り会う

近道ではないでしょうか?

 

這い上がればいいんです。

落ちたら、何度でも。

 

人生はゲームです。

みんなで楽しみましょう。 

www.youtube.com

シャボン玉の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ただいま、ご登録特典として、あなたの夢を叶える『if ブレークスルー・メソッド』のワークテキスト(PDF)をもれなくプレゼント中です。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください

 

NEXTGIVEコーチングウェブサイト