横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

やればできる人。やってもできない人。何が違う?

男性ピアニストの写真こんにちは。

「あなたは、やればできる子」

普通に親が子供に言いますよね。

褒め言葉だと思って使うのかもしれません。

しかし、大人になるとこの言葉が使われることはありません。

やるべきときにやらない人は淘汰される。

これが大人社会のルールだからです。

 

そしてもう一つ。

大人になると知ってしまう厳しい現実。

それは、「やってもできない人が山ほどいる」ということです。

 

私は20代の頃、飲食業界に身を置いていました。

常に人手不足の業界です。

誰かが辞めればすぐに人員を補充しなくてはいけません。

だから、雇用する際はほぼ先着順だったりします。

ヤバそうでなければ、とりあえず雇って様子を見るといった感じです。

 

実際、いろんな人と出会いました。

いま振り返れば、ホントいい経験をしたと思います。

店舗という狭い世界。

そんな場所でも「できる人」と「できない人」の境界は存在します。

それは、その後転職した外資系の企業でもありました。

仕事と並行して本格的にやっていたスポーツの世界にもありました。

 

どの世界でも、初めからできる人がいます。

もちろん、徐々にできるようになる人もいます。

その反対に、ずっとできない人もいます。

 

コーチになる前の私はこう思っていました。

「できる」「できない」の差は単純に能力の差であると。

 

しかし、いまは全く違う考えを持っています。

「できる」「できない」の差。

それは、勝負する場所を選択する能力の差にある。

私はそう思っています。

腕相撲をしている写真

自分の脳力に対する自己評価のことを「エフィカシー」と言います。

エフィカシーの高い人というのは、ずっと「できる人」であり続けます。

その反対に、エフィカシーの低い人は、ずっと「できない人」であり続けます。

 

初めから自己評価が高い人。

初めから自己評価が低い人。

 

その分岐点はどこなのか。

あなたは分かりますか?

 

それは、過去の成功体験にあります。

 

しかも、成功経験には必ず「うれしい」「誇らしい」「すがすがしい」といった情動が伴います。

その情動をうまく引っ張り出せると脳内にドーパミンが流れます。

ドーパミンが流れることで、「よっしゃ、やるぞ!」という気持ちになってくるのです。

だから、成功体験は強烈なものほどいいのです。

強烈な成功体験をいくつも持っている人は、どんな世界に行ってもモチベーションを維持できるので強いのです。

 

もし、あなたに成功体験と呼べるものがない場合。

全然問題ありません。

これから作っていけばいいだけのことです。

 

では一体どうやって作っていけばいいのか?

 

それは、あなたが勝てると思う世界で勝負することです。

勝てるとは、実績を積めるということでもあります。

単なる時間の積み重ねではありません。

試行錯誤の積み重ねが、ものを言うのです。

あなた流のやり方で結果が出れば、自己評価は一気に上がるはずです。

料理を盛り付けているシェフの写真 

最後に。

 

他人が作った世界には、他人が作ったルールがあります。

あなたが作った世界には、あなたが作ったルールがあります。

 

ほとんどの人は、他人が作った世界で悩み苦しみます。

郷に入っては郷に従う。

結局、他人の世界で妥協するか、それともそこから飛び出すか。

この二つしか選択肢はないと思います。

 

コーチングとは、あなたが進めべき世界を気づかせてあげる作業とも言えます。

 

本当に心からやりたいことをする。

それ自体が成功体験です。

 

あなたはできる人。

私はそう信じています。

 

それではまた。