横浜ライフコーチング

身体性を重視した、脱力系次世代幸福論。

職場とは、わがままを言う場所である。

電車内の写真

【この記事は1分で読めます】

平成25年に厚生労働省が行った調査では、15人に1人が生涯に一度は鬱を経験するらしい。しかし、実際はもっと多くの人が自分でも気付かないうちに鬱になっていると私は考えている。なぜなら、国民病とも言える腰痛や、肩こり、坐骨神経痛など筋骨格系の疾患は心理的ストレスによる脳の器質的変化によってもたらされているというところまで分かっているからだ。

以前は、鬱は心の風邪と言われていたことある。けれども、そんな単純なものではない。私自身、重度の腰痛で1年半近く働けない時期があり、鬱と腰痛の治療法が同じであることを知った時は正直ショックを受けた。幸い私の場合、気功やセルフコーチング、認知行動療法の知識があったのでなんとか自力で全快するまでに至ったが、多くの鬱や腰痛の患者が希望もなく誤った知識を頼りに彷徨い続けているというのが実情である。

ただの紙切れに福沢諭吉が描かれていると知った瞬間、心が動かされてしまうように、人間の心は結構危うい。なんの実体もない“情報”こそ、心を蝕む正体であり、もはや我々人間は物理空間よりも情報空間にリアリティを感じて生きている存在とも言える。

心の病を予防する方法、それは誰でもいつ心が病むか分からないという自覚を持つことだと私は考える。そしてもう一つ大事なこと、それは環境を変えれば鬱を予防できたり治せると安易に考えないことである。人の性格や思考回路は環境に関係なく不変である。しかし、だからこそ無理して現在の職場環境を変えることをしないでも、鬱は予防できるという希望が残されている。 

では、ストレスを上手にマネジメントしながら、心健やかにいまの職場で生き残るコツとな何なのか? 私の経験から言えることは、自分の仕事の成果を出来るかぎり数値化し、客観性を持って自己評価をすること。そしてもう一つ、それはわがままを言う習慣を持つことである。 

どんな仕事でもパフォーマンスの数値化は可能なはずである。客観的視点で自らの仕事の成果を説明できれば、たとえ自分の仕事について批判されたとしても感情的にならずに済むであろうし、必要以上にネガティブな評価をされた場合には冷静に反論ができるに違いない。

最後に、わがままを言うことのメリットについて。恐らく、多くの社会人がわがままなんて言えませんと思ってるかもしれない。けれども、外資系、国内大手、ホワイトカラー、ブルーカラーいろんな仕事を経験してきた私から言わせてもらえば、わがままを言えるようになればなるほど職場における人間関係のストレスは減っていくものである

そして面白いことに、リラックスして緩い雰囲気を出している人ほどなぜか愛される傾向がある。職場内だけではなく、顧客やクライアントからも愛されるというメリットだってある。高いパフォーマンスを維持してるからリラックスできるのではなく、自ら積極的にリラックスできる環境を作ることで仕事のパフォーマンスは上がるのである。

木漏れ日の写真

★★ お知らせ ★★

noteでも記事を書いています。気功やヒーリング、恋愛、プライベートなことまで結構赤裸々に綴っています。是非チェックしてみてください。フォローも大歓迎です!

note.mu

職場で売られた喧嘩に100%勝つ方法

新宿の大通りの写真


こんにちは。
 
誰でも社会に出れば、“売り言葉に買い言葉”を避けて、怒りを押さえ込んで損した気分を味わったことが一度や二度あると思う。

怒りは排泄行為のようなものなので、我慢するのはあまりよくない。実際、アメリカでは怒りと病気の関係性についての研究が数多く行われていて、怒りを正直にぶつける癌患者ほど、癌の拡大する確率が低くなるという調査結果があるくらいだ。

それじゃあ、怒りはどんどん出すべきかと言えば、それは絶対NOだと私は考える。それには、二つの理由がある。一つは、感情的になると人のIQは一気に下がるので、正しい判断が出来なくなるということ。そして、もう一つは、怒りの感情を出すこと自体がいまの社会において、マネジメント能力の欠如と見なされるからである。(職場においては、パワハラの証拠ともなる)

もし、あなたが職場で上司や同僚から喧嘩まがいに、無理難題、いちゃもん、軽蔑的な態度、理不尽な要求をふっかけられた場合、どのように対処すればいいのか?

居酒屋チェーン、外資系教育関連会社、大手物流グループ等、いくつかの異なる業界で仕事をしてきた私から、とっておきのアドバイスをお伝えしたいと思う。

それは、職場で売られた喧嘩に対してはクレームをつけて、第三者の手を借りて突き返すのである。

絶対に、正面からぶつかって言い返したりするのはスマートなやり方ではない。交通事故と同じで、相手に非があったとしても、正面からぶつかってしまえばこちらの正当性を証明するのは困難である。

しかし、まずは一旦受け止める。そして、相手がぶつけてきたことの不当性(心理的な被害や職務遂行の妨害等)を論理立てて第三者に相談する。そうすれば、相手の行為を「当たり屋」同然と主張することが可能になるのである。

私は実名でブログを書いている以上、あまり具体的なことは載せられない。けれども、職場で人間関係が絡んだ厄介事が起きたとき、状況と感情を第三者に伝えることで味方が増え、心理的にも余裕が出来たという経験を数多くしてきた。

そして、自分が伝えたい、もしくは反論を込めたメッセージは、なぜか少し遠回りをした方が威力を増すので“効き目”が強くなる。そこまで出来れば、相手の売り言葉もタダ同然。

売られた喧嘩は、絶対に“高づかみ”してはいけない。投資の世界では、「落ちるナイフは落ちてから拾え」という言葉がある。これは、人間関係においてもまったく同じ。

一度きりの人生、余計なことにエネルギーを使うのはもったいない。世の中には、直接触れてはいけない人もいる。かといって、無視すれば追いかけてくる人もいる。だからこそ、一人で戦ってはいけない。絶対に。

木漏れ日の写真

★noteでも記事を書いてます。気功や恋愛、幸福論について結構ストレートに綴ってます。フォローしていただけると嬉しいです。

note.mu

やる気を奮い立たさなくてもやりたいこと。それにすべてを賭けろ。

ライブの舞台写真

できないことに気を取られずに、できることをやりなさい。

- ジョン・ウッデン(バスケットボールコーチ)

 

むかし、わたしの敬愛するミュージシャンがステージ上から客席を指差し、こう言った。

“オレの中の少年がいつもそこにいるんだ”

誰もがピュアな自分をこころに閉まって生きている。
その純粋無垢な自分は正直で、親切で、道を踏み外そうとすれば親よりも厳しい言葉を浴びせてくることもある。

何歳になってもその多感な時期に形成された自我を背負って人は生きていく。
その自我に紐づいたものを、自ら意識できた人はホント幸いだと思っている。

それくらい、多くの人が無意識のうちに自我につぶされ自滅していくのを見ているからだ。

ここ数ヶ月、気功やヒーリングを学んだり、旅をしたり、やりたくないことに首を突っ込んでみたりして、感じたことをnoteというツールを使ってありのままにアウトプットする日々を過ごしていた。

そんな中で、わたしはあることに気付いた。
それは“人はみな、心地よく生きるために生まれてきたのだ”という結構単純であり、究極的な啓示を自ら気付かぬうちに無視して生きてきたことである。

自分のこころの深層を探っていくと、やはり行き着くのは10代の多感な時期なのだ。
その頃に起きた小さな自己変革や成功体験に紐づいている感情、それを丁寧にたぐり寄せていく過程でかけがえのない発見ができたこと自体、幸運だと思っている。

やはり、こころが闇になるのか、灯火になるのか、それは育った環境次第でもあり、本人次第でもある。
その180度真逆な人生の選択も本人次第だからこそ、一度は立ち止まって、できるかぎり客観的に視点を持てる環境をお金をかけてでもつくってみるのもアリだと思っている。

今年は、誰もが心地よく生きていいんだよ、いや心地よく生きるべきなんだよというテーマで発信していこうと決めたのだ。

マジメな人ほど、がんばる必要なんてないんだし、どうしてがんばるのか自問自答してほしい。

そして、あなたの周りにがんばることで疲弊している人がいたら、手を差し伸べていただきたい。

誰かを助けたりして横のつながりを感じてみる。
それこそが生きるモチベーションであり、本当の意味での“やる気”や“努力”につながると信じている。

で、ここで書ききれないことはnoteでも書いていく。

だからわたしのnoteを是非フォローしていただきたいと思う。

Live your life !

 

★ noteもやってます。メンタルや恋愛、気功に関することも結構書いてます。是非、フォローしてみてください。宜しくお願いします!

note.mu

いずれやめることはいま、やめればいい。いずれやることはいま、やればいい。

台湾の果物屋の写真

失敗すれば、がっかりするかもしれない。でも、何もしなければ確実に絶望するわ。

- ビヴァリー・シルズ(オペラ歌手)

 

行動力がない人ほど、なにかと目標を立てたがる。
これって、ほんと事実で耳が痛い人も多いはずなんですよね。

現状を突破するために必要なことってなんだろうかなって、私自身も相当悩んできた。
けど、見えてきた答えらしきものって意外と単純で、「自分の存在をなくしてみる」とか「マイナスになるくらいお金を投資する」みたいなところに着地しているような感じがする。

要は、考えるな、感じろ!的なことなんですけど、それってどういうことなの?って、また自分の思考に戻って考えてしまうから、やっぱりコーチやメンターは必要なんだなと思っています。

世の中はますます、生きづらくなっている。
これは事実です。
けど、ますます生きやすくなっているのも事実です。

言い換えれば、幸せをつかみ取るチャンスはいままで以上にあるということです。
どんな生き方をしようと、どんな服を着ようと、どんだけ好き嫌いを主張しようと、フォロワーを作れるという、非常にフラットな世の中になったと感じています。

あとは、自分でタッチしたい「層」を選べばいいだけのこと。
行動しないから、誰かのエサにされてしまうのです。

動いている獲物は、優秀なハンターや高等な獣以外捕まえられません。
行動している人には、やっぱり優秀な人や面白い人、インフルエンサー的な人が集まります。
だから、人生を少しでも面白くしたいと思ったら行動しかないと思っています。
もし、行動できなくても、誰かの力を遠慮なく借りればいいのです。

もちろん、そのお礼は必須です。人間ですからね。

私自身、今年もやります。いろいろと。

行動する中で得たことは、必ずここでシェアいたします。


最後に私からひとつ、わがままなお願いがあります。
実は、活動の幅を広げるためにもうひとつブログをスタートし、一ヶ月弱ですでに100名以上のかたにフォローしていただいております。

近々、気功とヒーリングに関連した新しいメルマガの告知もする予定です。
読者だけの無料特典もあります。
是非、フォローをお願い致します。



★★お知らせ★★


note始めました!
プライベートなこと、結構書いてます。
是非、フォローお願い致します!

note.mu

 

連絡先:
yoshihikomatsue@gmail.com

自分と会社の価値観にズレを感じただけで退職するのはもったいない

腕時計の画像

歴史とは、現代人の感覚で読んでしまうと話がいっこうに進まないだけでなく、少しも面白くなくなってしまうのである。

- 塩野七生(歴史作家)

 

自分が属する企業やお店の商品・サービスをいちばん熱く、詳しく語れる人間ほど仕事のパフォーマンスも高いと思っている。当たり前のようであるが、意外とできていない人が多いもの事実である。


外資系でセールスをやっていたとき、私はアメリカの「親会社」が扱う商品の知識も頭に入れていた。それくらいやらないと、自信と落ち着きを伴ったオーラは出ないのだ。

 

通勤途中の電車内でも中吊り広告を見ては、その商品のメリットを最低3つ考え、それをもとに架空のセールスを頭の中で行うという練習も好きだった。だから、当時私のあたまの回転は冴え冴えだっといまでも思う。

 

その後、国内最大手の物流グループに転職したが、営業職を数ヶ月で辞めた。辞めざるを得なかった。なぜなら、自社で扱うサービスのメリットを見つけられなかったからだ。競合他社のサービスと比べ、品質から納期まで圧倒的にデメリットばかりだった。会社もそれに気が付いていた。実際、グループ全体において、利益率は最低だった。案件を抱えれば抱えるほど赤字を生み出すことに気が付き、私は早々に退職願いを提出させていただいた。

 

業績が好調だったり、誰もが羨むような福利厚生が充実した企業に勤めていても、辞める人は辞めるもの。会社や上司、同僚との価値観の違いが気になって辞める人も多いはず。けれども、溶け込みやすいところほど、ヌルヌルゆるゆるで人を成長させてはくれない。

 

居心地のいい企業にいれば幸せかというと、そうでもない。実際、人間関係がフラットな環境ほど「ネガティブ・ラポール」という心理的上下関係の逆転現象が起きやすい。なぜなら、人は生存本能で無意識のうちに他人より少しでも上に立とうとするからだ。

 

奴隷の鎖自慢という有名な話がある。

鎖に繋がれた奴隷同士は、鎖の自慢を互いにしあうという意味でもある。

 

差異を感じることはすごく大事である。けれども、遠くはなれたところからでも見える差異こそ重要なのだ。どれだけ、遠くから感じた差異を「言語化」できるか。それに長けた人をどの企業も欲しがっていると私は感じている。なぜなら、そういう人しか小さな社内改革を起こせないからだ。

 

社内改革なんてムリムリと思っている人もいるかもしれない。

そんな人ほど、会社の癌(がん)になっていることに気が付いてほしいのだ。 

 

今回は、久々にビジネスネタを書かせていただいた。

この記事が少しでも参考になれば幸いである。

 

◆こちらの記事もオススメ!

y-matsue.hatenablog.com

木漏れ日の写真

連絡先:yoshihikomatsue@gmail.com