横浜メンタルコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

釣り合いの法則~言葉は現実を写す鏡である

沖縄にある喫茶店の画像

人間の最大の罪は不機嫌である。

- ゲーテ

 

他人との関係性の中でしか、言葉は意味を持たないと私は常々感じています。 

「おーい」と大きな声を発したとしても、発話状況によりその一言が色々な意味を持つようになるものです。

誰かを呼んでいるのか?

ミスを犯した相手を責めているのか?

感嘆の意味を込めた相手へのリスペクトなのか?

 

だから、英語を習得するときも“正しい”文脈や文法なんてものは初めから存在していないと考えるほうが意外と楽に会話力が身に付いたりするものです。

ましてや、言葉自体にも“決まった(特定の)”意味はないと学校で教えるべきなのかもしれません。

 

“言霊”と言われるように、日本では昔から言葉の力を信仰する風潮があります。

しかし、それは言葉が持つ「エネルギー」のことであって、言葉の「意味の強さ」を示すものではありません。

毒を吐く人は、その吐いた言葉自体に悪意があるのではなく、その人の心が初めから悪意という毒に冒されていると表現したほうが適切だと思います。

 

言葉には決まった意味を持たないと言いつつも、私は細心の注意を払って言葉を選びながら会話し、文章を書く習慣を身に付けています。

よく、思考は現実化すると言われますが、吐いた言葉はすでに現実化しているのです。

私はこれを「釣り合いの法則」と呼んでいます。

 

いつも“◯◯がしたい”という願望癖がある人は、常に「何もしていない」という現実を身にまとっています。

いつもお金がないと言ってる人は、お金を稼ぐ方法よりも、お金がない自分が似合う環境や相手を選ぶ傾向があります。

 

言葉は現実の写像です。

現実に意味や価値があり、言葉は道具にすぎないのです。

 

あなたが傷ついた言葉。

それもあなたが気付いていなかった心の隅にある現実を見せているのかもしれません。

 

言葉に写った自分自身の状況をもっと意識に上げること。

それが言葉の呪縛から逃げられる一番簡単な方法だと私は考えています。

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

感想、質問大歓迎。

それではまた。

 

yoshihikomatsue◯gmail.com(◯→@に)

シャボン玉の写真

あなたが吐く言葉は、一つ残らず現実化している

沖縄にあるカフェの写真

沖縄県南城市のカフェにて)

簡単すぎる人生に、生きる価値などない。

- ソクラテス

 

多重人格者の人は、一度にすべての人格を出せないと言われています。

A、B、Cという三つの人格を持っていれば、Aの人格でいるときは、BとCの人格は存在していないということになります。

糖尿病を患っている多重人格者の人は別人格になったときに、一時的ですが血糖値が正常になったりするということがあるそうです。

また、日英のバイリンガルの人は英語を話しているときには英語人格になり、日本語を話しているときは日本語の人格で物事を考える傾向があるようです。(もちろん、人によって違うこともあるでしょう)

 

人格とは、この世界で機能しているあなた自身の唯一の“自我”のこと。

あなたの自我は、あなたが生きていると“思っている”世界によって作り上げられ、逆にあなたの自我がそのまま、あなたが生きていると思っている世界を作り上げているとも言えます。

なぜ、現実世界ではなく、「生きていると思っている世界」なのか?

それは、人それぞれ同じ環境で暮らしていたとしても、見ているものや重要だと思っていることが違うからです。

 

あなたが自分自身で“いま生きている”と認識できる世界の定義、それは、すべてが“言語化”できる世界のこと

たとえ未知なものを差し出されたとしても、なんとなく“こういうものだろう”と言語化して推測はできるはずです。

 

これはできる、これはできない、これは知らない、好き、嫌い、痛い、かゆい、バカ、うれしい、かっこいい、欲しい、哀しい、悔しい、ブス、デブ、かわいい、つまらない・・・

つまり、あなたが使っている言葉があなた自身が生きる世界のキャパ(容量)を決めているとも言えるのではないでしょうか。

 

私は、やりたいことがあるときほど過去を振り向いてはいけないと、必ずアドバイスします。

心身の不調を抱えている人も同様です。

過去の人間関係さえも綺麗さっぱり一つ残らず清算してしまったほうが、不安になるどころか、むしろ心身共に快調になるはずです。

 

“〜したい”という言葉は、“過去という臨場感”と固く結びついています。

過去の何もしてこなかった自分を否定しながら、実は意識下では自己弁護して肯定したいのです。

だから、“〜したい”という言葉が口癖(もしくはセルフトーク)になっている人ほど、石のように腰が重く何も新しいことをしない傾向があるのも事実です。

 

「いい人に出逢いたい」と思うのは、人を育てようという意識が希薄な証拠。

「あいつはバカだな」と思えば、あなたはバカだらけの世界で何もできずに埋もっている人間であるという証拠。

「ダマされたくない」と思うのは、他人を信じようとする“自分”を信じていない証拠。

「消えてしまいたい」と思うのは、自分の存在感を過大評価している証拠。

「お前にはできない」と言われたら、その人が将来成功したあなたと向き合いたくない証拠。

 

すべての人の人生は、言葉や文字という二次元の世界で表現できてしまうもの。

だからこそ、言葉を上手に選択し、“支配する”必要があるのです。

人は言葉をコントロールできたとき、初めて言葉を超えたものの存在を知ることができると私は思っています。

私はまだその境地に至ってはいませんが、あなたはどうですか? 

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。

 

感想も待ってます。

yoshihikomatsue◯gmail.com(◯は@に)

年を取る怖さの克服方法は、自分を“いま感”で満たすこと

那覇にあるカフェの写真

人生に挑戦するのに、年齢なんて関係ない。そもそも、この世に時間なんてない。それは人間が勝手に作ったものだ。私は時計師だからそのことがよくわかる。

- フランク・ミュラー

 

目の前で、どんなに人生論や夢を語ろうと、旅の経験が少ない人の話はなんか薄すぎると感じるのは私だけでしょうか?

旅をすることのメリット、それは「感性の引き出し」が増えることだと私は思っています。

二十歳の旅の経験は、二十歳の頃の感性でしか話すことができず、それはどの年齢になっても同じ。

だから、仕事をリタイアした後のクルーズ旅行をジジババが語っても、若い世代になんも響かないのは当然のこと。

老いボブ・ディランがしわがれた声で『Like a rolling stone』を歌うのと訳が違うんですよね。

 

人生を過去の積み重ね、もしくは過去の積み重ねが人生と考えるか。

それとも、人生は未知なことの連続であると考えるのか?

 

過去の反対語、それは未来ではなく、“未知”ではないかと思います。

なぜなら、過去に生きた人にとって、つい昨日のことも未来だからです。

つまり、時間という概念はさほど重要ではなく、要はあなたがまだ見ていないことに触れてみる。

それこそが時間の流れという“宇宙の法則”に逆らわない自然な生き方なのかもしれません。

ブーゲンビリアの写真

“まじめな人は、真面目ジメジメ”

これは私が好きな斎藤一人さんの言葉です。

 

“喰うために生きるのか?それとも生きるために喰うのか?”っていう表現がありますよね。

一般的には“生きるために喰う”のが美徳とされていますが、人は喰っても動く保証なんてないので、“喰うために生きる”ほうが未来に向けて“現在活動中”という意味で正しいはずなんです。

 

夢や希望を語るほど、人は足が重くなっていきます。

それは、TRYしてこなかった過去の臨場感を高めてしまうからです。

人は臨場感の高い世界にしか生きられないというのが、現時点での認知科学の答えのようです。

 

歳を取ることを怖がる理由もそれと同じ。

“いま感”の薄さで窒息しそうなだけなのかもしれません。

行動できるのは、いま、いま、いま。 

 

さあ、現状を飛び出しましょう。

 

連絡先:

yoshihikomatsue◯gmail.com

◯を@に置き換えてください

親友なんていらないと思ったとき、あなたの本当の人生が始まる

沖縄にあるパワースポットの写真

古いか新しいかなんて
まぬけな者たちの言い草だった
俺か俺じゃねえかで ただ命がけだった

♫『西新宿の親父の唄』長渕剛

 

親友なんて百害あって一利なし。

最近、本気でそんなことを思ったりしています。

未来志向(思考)なときほど、会う人、話す人を「能動的」に選ぶべきだと痛感した出来事がありました。

 

あなたが親友だと思っている人が見ているのは、所詮「過去のあなた」であり、あなたの未来には無関心だったりするもの。

しかし、それは同時にあなた自身も親友(と思っている相手)を「過去の思い出」と共に見ているとも言えますよね。

 

20歳の誕生日が人生で一回しかないように、人は過去を生きることができません。

それでも、一ヶ月か二ヶ月前の中間テストや期末テストで成績が決まり、そして進路までもが制限されてしまうという生活になんの疑いも持たずに成人してしまった人間(私も含め)は「過去の奴隷」と言ってもおかしくありません。

 

(1)◯◯がないから、△△できない。

(2)◯◯があれば、△△できる。

 

過去思考の人には、上記の命題は成立します。

しかし、時間は未来から過去に流れていくという宇宙の秘密を知ってしまった人間は、原因は過去だけではなく、未来に作ることも可能であるということに気付くのです。

ニライカナイ橋の写真

生命(いのち)とは、“情報”であると私は考えます。

情報には実体がないが故に、時間の概念を持つこともありません。

上位に存在する情報の写像が我々の肉体、つまり情報身体ということになります。

その情報に何を書き込むか?

それによって、人生はいくらでも書き換えることが可能であるというのが私の現時点での結論です。

 

過去にこだわりすぎれば、未来が不要になります。

他人にしか興味が持てない人は、自分自身が不要になります。

考え方が病気じみていれば、やがて肉体に病が降りてきます。

 

日々の生活や人生、心や身体の問題。

原因とか理由は、あなたが考えている「そこ」ではないかもしれません。

 

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

それではまた。

(写真は、先月沖縄で撮影したものです)

苦しい選択を自分に強いれば、その後の人生もツラくなる。

沖縄にある橋の写真

人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である。

- ナポレオン・ボナパルト

 

こんにちは!松江です。

久しぶりの記事になりました。目を通していただけることに感謝致します。

 

これは私が高校生のときの話。

高三の夏に予備校の夏期講習に通っていたのですが、あまりのハイレベルな内容に着いていけず途中で挫折。

今でも、当時どんな勉強をしていたのか全く思い出せないのですが、唯一記憶に残っていることがあります。

それは、レギュラーの講師が欠勤したときのこと。

臨時の先生が代わりに授業をやってくれたのですが、名前も知らないその先生が男性なのか?それとも女性なのか?最後まで分からなかったんですよね。

顔も体型も声も服装も中性的。

授業中、「この講師は男性なのか?それとも女性なのか?」ずっと考えていたことだけをよく覚えています。

 

当時は、トランスジェンダーという言葉も一般的ではありませんでした。

なぜ、冒頭にこの話を書いたかというと、性同一性障害を抱えた小学校教師について取り上げたニュースを見ていて、ふと思ったんですよね。

それは、「カミングアウトって絶対に必要なの?」ってことです。 

誤解を恐れずに言えば、どんな環境においても他者からすれば、その人が男性なのか女性なのかトランスジェンダーなのかどっちでもいいじゃんってこと。

 

性別の問題に限らず、日本では当たり前のように多くの人が自分自身に“苦しい選択”を強いてるような気がしています。 

誰にでも、生きていく上で選択を迫られる場面はあるはずです。

しかし、選択をしないことも「選択肢のひとつ」であることを忘れてはいけないような気がしています。

 

人生、ツラいツラいって思ってる人は、考え方が“ツラい”のではないでしょうか?

手放す、見ない、追わない、こだわらない。

ココロと身体がラクになる瞬間って、いつもそんなときなんですよね。

 

考え方が病んでいれば、身体も病むという現象が必ず起きます。

現実は常にマインド相応です。

自分に厳しくすることも多少は必要かもしれません。

しかし、自分自身と“親切に”向き合うことはもっと大切です。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それではまた。

山の頂上に立つ人の写真

※ご意見、ご感想大歓迎です

連絡先:

yoshihikomatsue◯gmail.com