読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

人生は想定外のことしか起こらない

アイスティーの写真

年をとったからこんなことはできない、
そう思ったら今すぐやったほうがいいわ。

- マーガレット・デランド(作家)

 

こんにちは!

 

未来のコピーで生きるか、過去のコピーで生きるか。

人間の生き方って、この二種類に分かれると思っています。

過去に積み上げた経験もスキルも、そのままでは何の役に立ちません。

それをいかに、汎用性の高いものにしていくか?

経験やスキルをいかに、情報という資産に変えていくか?

これができない人ほど一生、行き当たりばったりの人生になるのではないでしょうか。

 

ビジネススキル、コミュニケーションスキル、コミュニティスキル、すべてが高い人ほど“未来志向”で生きていると感じます。

生き方においても、20代には20代の戦略があり、30代、40代にもそれぞれ30代、40代の戦略があります。

年を積み重ねれば、生き方やゴールが変わっていくのも当然のこと。

しかも、人生なんて想定外のことしか起きないようになっています。

だからこそ、人は「生きる」のであって、そこで考えることをやめてしまえば生きる理由を失うことになります。

 

“こんな歳にもなって、こんなこと言ってる自分ってバカなんですかね?”

 

こういう人、いますよね?

これはバカ以前の問題で、完全に“淘汰”される寸前です。

 

連日、ニュースでは軍事的な報道が続いてますが、軍隊においては、“アサンプションアップデート”と言って、常に想定外のことを考慮に入れながら速やかにスケジュールを立て直すということが行われています。

この考え方は企業のコーチングでも導入されています。

もちろん、個人のコーチングにおいても汎用できるものであります。

 

個人のゴール自体に年齢は関係ありません。

けれども、ゴールに対する取り組み方やスタンスには年齢は大いに関係します。

後ろばかり向いていれば、いざ行動を起こしても必ず怪我をします。

 

スキルや経験、実績も、それをどうやってシェアできるような形にして未来へ投げ込むか?

常に未来志向の人は、そういうことばかり考えているものです。

 

少しでも拾えるところがあれば幸いです。

それではまた。

黒板の写真

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください

あなたに生きる意味はない。あるのは理由だけ。

空に向かって手を伸ばしている人の写真

意味を求めたってなにもはじまらないよ。
人生は欲望だ。意味などどうでもいい。

- チャールズ・チャップリン

 

こんにちは!

 

平均余命18ヶ月。

これはアメリカで行われた、仕事をリタイアした人の余命を追跡した調査の結果です。

潜在意識ってホントすごくて、「明日は別に必要ない」と感じれば明日を迎えなくても済むようになっています。

 

体の調子が悪い・・

お金が欲しい・・

やせたい・・

 

年中そんなことを言ってる人の願いを叶えてあげても、明確な「理由」がなければ、動かないし、貯めるだけだし、また喰うだけ。

 

生きる“意味”は「遺伝子の中」にあり、生きる“理由”は「外界」にあります。

人は「外界」と整合性を取りながら生きるようになっています。

だから、現状を変えたい人に必要なのは「理由」のほうなんですよね。

 

なんとなく稼ぎたい。

なんとなく綺麗になりたい。

なんとなくいい人に出逢いたい。

 

“なんとなく”という想いの積み重ねの先にあるのは、なんとなく存在している自分の姿。

“なんとなく”という願いもちゃんと叶うようになっています。

 

思考は現実化します。

言葉は現実化しています。

 

気が強くても、気が弱くても、生意気でも、従順でも、性格が悪くても、いい人でも、

明確な「理由」を持って言葉にしたもん勝ちです。

 

言語自体は単なる文字にすぎません。

そこにあなたの脳内にある“情報”を乗せることで、言葉にエネルギーが生まれます。

 

明確な理由を持って、言葉にする。

手に入れたいものがあたかも手に入ったように。

 

願いを叶える方法って結構単純です。

少しでも拾えるところがあれば幸いです。

それではまた。

木漏れ日の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください

弱気は最大の敵。依存体質がメンタルを蝕む。

昼間のバーの写真

頑固者は、打ち砕くことはできるが、
服従させることはできない。

- セネカ古代ローマの政治家)

 

こんにちは!

実は、2ヶ月くらい前から、別なテーマでアメーバブログでも記事を書いています。

読者も勝手に増えていっているんですが、何が一番驚いたかと言うと、起業コンサルの数がやたら多いんですよね。

特にコーチ、カウンセラー、セラピスト向けのコンサルがやたら目立ちます。

 

それが何を意味しているのか分かります?

資格なんか取っても稼げないっていうことです。

資格は、取ることより「与えた方」が儲かるというのが現実です。

 

コーチの資格取りました!

カウンセラーの資格取りました!

セラピストの資格取りました!

 

それでみんな教えられた通りアメブロを始めるわけです。

レッドオーシャンという言葉が理解できずに、キラキラして見える世界に飛び込んで、結局コンサルの餌食になってしまうんです。

 

本当に誰かの役に立ちたいと思うのなら、無料でやればいいんですよね。

資格だって別に要りません。

大事なことは「やり方」より「あり方」です。

 

みんな、食いっ逸れたくない、老後はノウノウと暮らしたいと思って、少しでも楽して稼げそうなことに惹かれていってしまいます。

けど、そんな弱気になった時点で、周りが一気に見えなくなります。

これホント事実です。

 

損得なしに、直感で、頭を使い過ぎずに生きていれば、お金も人もあとから自然と付いてきます。

いまの時代、食いっ逸れることはありません。

食いっ逸れるにも、それなりに戦略と才能と根性が必要です。

ダイエットが苦しいように、3日食べれなければ、嫌でも脳が勝手に働く方法を見つけるようになっています。

ビーチから見える夕焼けの写真

最近、気付いたのは、弱気な人ほど「プライドが高い」ってこと。

仕事が嫌なら辞めればいいのに、続けてしまってメンタルを病んでしまう。

癒えたと思っても、何故か周囲の反対を押切り、また同じような仕事に就いて帰ってこれないジャンキーみたいになってしまう。

 

プライドなんて何の役にも立ちません。

気の弱さをプライドでカバーするのは絶対にやめたほうがいいと思います。

必ず破綻します。

 

考え方、伝え方、コミュニケーション能力なんて学ぶより、積極的に未知なものを受け入れ、無条件に相手を「理解する」姿勢があればどんなところでも生きていけます。

 

自分で考えれば何とかなる。それは逆、逆! 

思考から逃れない限り、本当にワクワクする道は見つかりません。

 

“必要は発明の母”と言う言葉があります。 

必要に迫られたときにしか、潜在能力も発揮されません。

 

だから、いまあなたが取り組んでいることも「本当に必要なのか?」って常に自分に問いかけてみてください。

心の底からYESと言えなければ、それは自分をダマしていることになります。

 

自分をダマす人生なんて絶対につまらないですよ。

あるがまま、ありのまま、どっちでもいいんですけど、なんにもない荒野に飛び出さない限り「本当の自分」は見えてきません。

オトナ社会にだって荒野のようにガラガラヘビはいますけど、オアシスだってあるはずです。

 

だから、勇気がなくても飛び出しましょう、現状から!

木漏れ日の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください

コミュニケーション能力だけを身に付けても好かれる人間にはなれない

打ち合わせをしているビジネスマンの写真

自分だけが幸せであれば、周りの人は不幸でもいい。
それは人間の考えることではありません。
第一、周りの人が皆不幸で、自分一人が幸福などということはあり得ないのです。

- 瀬戸内寂聴

 

こんにちは。

これからは、コミュニケーションスキルより“コミュニティスキル”の時代

これは、私の尊敬する方がよく言ってる言葉です。

全くもって同感。

コミュニケーションスキルは客観的な基準がないので、効果の判断も主観に頼らざるを得ません。

 

大事なのは、その場に関わるときの“スタンス”。

人と接するときに忘れてはならないのは、やり方よりも「あり方」だと思います。

 

私も元々は会社員。

しかも、個人営業と法人営業の両方を経験。

もろに人と接する仕事をしてきましたが、それでもコミュニケーション能力なんて二の次だと思っています。

実際、いつもトラブルを起こしたり、売り上げを出せないのは、決まって自分しか見えていない人。

 

自分で自分のことを「コミュ障」なんて言ってる人がいますよね?

それだってコミュニケーションに過度に依存してしまうことの危険性をよく物語っている分かりやすい例だと思います。

 

みんな自分の生き方に自信が持てないと言いつつ、結局自分のことしか考えてなかったりするものなんです。

 

コミュニティの中で生き残っていくために必要なこと、それは徹底的に“Give”することではないでしょうか?

Giveすることでしか本当のつながりは生まれない時代になっています。

けど、実際に多くの人が興味があるのは“Take”の方。

しかも、同じコミュニティの中でそのスタンスだから、完全に“共食い”状態

同じ共同体の中にいながら人からいろんなものをどんどん奪っていることさえ気付かない人が多いと感じます。

 

そして、人間の命以外で人からいちばん奪ってはいけないもの、それは「時間」です。

 

無駄に人を振り回している人。

自分の意見なしに、アドバイスを乞う癖が抜けない人。

レスポンスが遅い人。

謝罪するまで時間がかかる人。

何もできないのに全てを自分でやろうとする人。

 

相手の貴重な生命時間を奪っていることに気付いていない人、結構いますよね?

どんなコミュニティで生きていくにも、体裁よく見せるコミュニケーション能力“だけ”を磨こうとしても無駄に終わる可能性が大・大・大。

本当に大事なことって、結構シンプルな習慣の中に埋もれていたりします。

 

とりあえず自分の方から動いてみる。

人に聞く前に自分の意見も用意する。

人を動かしたら必ず感謝する。

決断までダラダラ考えない。

挙げればきりがありません。

 

決断を放置したままにしていないか?

誰かにお礼を言い忘れていないか?

伝えるべき回答を忘れていないか?

 

オトナ社会の地雷なんて探せばいろんなところにたくさん埋まっています。

回避する方法を見つけるのはその人のスタンス次第。

 

その方法が分からなければ、たくさんの人と“謙虚”につながってみる。

結局、大事なことって自分の力だけでは絶対に気付けないものなんですよね。

 

木漏れ日の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください

運という言葉が嫌いだった私が、運ほど確かなものはないと思うようになった理由

ボールで遊ぶ親子の写真

人生に失敗がないと、
人生を失敗する。

- 斎藤茂太精神科医

 

こんにちは。

自分の成功に“根拠”を求める芸能人ほど占い師に利用される傾向があると言われています。(占い師の方、すみません)

成功って根拠があるようで実際にはないと私は思っています。

人が100人集まって何かを始めれば、上手くいく人、上手くいかない人に分かれるのが当然です。

 

わたしは元々、格闘技の世界にいましたが、一流の人しか集まらない世界でも、結果の出る人、出ない人に分かれるようになっています。

スポーツの世界では、法則というものはありません。

 

あるのは理論と原理だけ。

地道に実践すれば、ある程度の結果は誰でも出せます。

そこから上にいくためには、まず、100人の中の20に入る。

そして、さらに別の環境で100人の中の20人に入る。

その連続です。

 

そして最後は、運に委ねるしかないのです。

それは、環境の運、コーチの運、練習相手の運、対戦相手の運、体調の運、会場の雰囲気の運・・・ホント運の連続です。

ブドウの木の写真

もっと広い視野で見れば、人間だって宇宙の上位50億の中に入っているわけですよね?

だったら、あとは運に任せるのもアリだと思いますよ。

それでも“欲しい未来”を手にしたければ、明確な理由を持って、意図して行動する。

これだけです。

 

漁師は海に出ない限り魚は獲れません。

魚を獲って生計を立てる。

明確な理由と意図があるからこそ、漁を続けることができます。

で、そこから先は天候や潮の流れといった運に任せられるわけです。

 

ぼんやりな理由と、ぼやけた意図。

それしかない人は、運に任せる権利すら持っていません。

 

海に獲物を探しに行こうか、それとも山に行こうか?

引き寄せに頼るべきか、コーチングに頼るべきか?

あの世、この世?それとも前世?

 

人間として生まれたこと自体、幸運であるという前提で動けば、迷うことはないと思います。

もしくは、迷うこと自体恵まれた環境にいるってということです。

  

結局最後は、動ける人になれるか、なれないか。

自分のバカな部分や未熟な部分に、気付けるか気付けないか。

何かを得るか、得ないか。

結果は、どちらかの二種類しかありません。

 

そう考えると、運ほど確かなものってないんですよね。

そう思いませんか?

 

木漏れ日の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください