横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

潜在能力と肉体の連携プレーを邪魔しているものとは?

筋トレをしている女性の写真

恐れがドアを叩いた。信念がドアを開けると、

そこには誰もいなかった。

あなたが恐れるものは存在しない。 

自らが常に作り出しているだけだ。

 

by ウォーリー・F・エイモス(米国の起業家)

 

多くの人は、自分を強くするために

マインド(=心)から手を付けしようとします。

 

しかし、潜在意識や潜在能力といった

触れることのできない部分ほど、

より肉体のほうが

近い関係にあるということを忘れてはいけません。

 

あなたが持っている無限の力。

それをセーブしてしまっているものは

あなたの“思考”です。

 

東洋医学では体の症状や病気のことを

“表現”と表します。

 

表現とはまさに、潜在意識が

発する無言の声のこと。

 

だから、内からのSOSに気付いていながら、

自分の思考で「いや、まだ大丈夫」と

勝手に判断してしまうと、後々

取り返しのつかない状態になってしまいます。

 

思考をすればするほど、肉体は緊張していきます。

 

肉体が緊張を続けると

脳内ではある現象が起きます。

 

それはIQの低下です。

思考レベルが落ちていくのです。

厄介なことに、思考レベルの低下は

本人ほど気が付きません。

 

余計な思考→肉体の緊張→IQの低下

 

潜在能力を開花させるためには、

上の図で言うと、最後のIQの部分を

上げる必要があります。

 

つまり、

余計な思考を排除→肉体の弛緩(リラックス)

→iQの上昇

という図式を理解しなければいけません。

 

大人よりも子供の方が自由な

発想が出来るのも、思考による縛りがないから

だと考えられます。

 

不安や過度の緊張。

それらは、存在するはずもない“空想の敵”

戦っているから生じているのかもしれません。

 

ぜひ、一度世界を

想像でいいので俯瞰してみてください。

 

多くの人が、

地面という“平面”だけの世界で

アップアップしている姿が見えると思います。

 

真の意味で羽ばたいてください。

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください