横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

職場の中で「孤立」という嫌がらせを受けたときの対処法

サーフィンをしている男性の写真

バカからの賛同は批判よりも迷惑である。

- ナイチンゲール

 

こんにちは、松江です。

人が生きていく中で一番悩みが生まれる場所、それは職場だと思います。

私は大学卒業したあと、10年ほど飲食業界に身を置いていました。

やっぱりどこにもいるんですよね、お局的存在の人が。

 

私自身、相当負けず嫌いだったのでしょっちゅう衝突してました。

絶対自分から折れることがなかったので、10年もその仕事を続けられたのだと思います。

 

けど、人間関係に「勝ち」「負け」の考えは絶対に持ち込むべきではありません。

なぜなら、勝ち残るほどに「見えない世界」が増えていくからです。

長く続けることがいいことであると信じていた私も、そのように考えるようになってからは、人間関係をかなり「ドライ」に捉えるようになりました。

 

あと、もう一つ大事なこと。

それは、お局的な人と仲良くなってもメリットは何一つないということ。

長く職場にいる人は、もっと長くいることしか考えていないもの。

あなたが窮地に立たされても、そういう人は“本当の味方”にはなってくれません。

 

もし、いまあなたが「孤立」という迫害を受けていて、前が見えない状態であれば次に挙げる二つのこと試してみてください。

 

・あなたの敵が“存在”する意味を考えてみる

・「今すぐ、くたばれ!」と呪いをかける

 

人気者がいれば、必ずアンチが現れます。

これは陰と陽の関係みたいなもので、最低二種類ないとあらゆることは説明がつきません。

 

反対に進む人がいるから、左右が存在します。

上から落ちることで高低の差があることに気が付きます。

ダメな人がいることで、自分の「まともさ」に気が付けることがあります。

そう考えることができれば、あなたのアンチが存在いていることに意味を見いだせるようになり、また面白いことに感謝の気持ちまで生まれてきます。

 

そして、「くたばれ!」という呪い。

子供じみているようですが、結構効きます。

30年、40年かかるかもしれませんが、あなたの大嫌いな人も必ずくたばるときが来ます。

 

この人も、いずれくたばるときが来るんだ。

しかも、不幸に終わるんだろうなあ。

そう考えると、少し哀れみの気持ちさ芽生えてきます。

そうなると、その哀れみの気持ちでその人と接するようになるのです。

 

人のマインドと外界は常に「整合性」を保っています。

 

その、あなたが嫌いな人も外界と整合性を取りながら生きています。

だから、あなたからの“哀れみ”を無意識に感じれば、その人の態度も自然と変わらざるを得ないのです。

 

これは、決して嘘の話ではありません。

本当のことです。

だから、ココロって面白いんです。

 

あと一応、嫌がらせを受けたら上司だけでなく、他の部署の人に相談するという手段があることも忘れないでください。

 

あなたが職場で「孤立」という嫌がらせを受けても、絶対に落ち込む必要がないことをわかっていただけたと思います。

 

マインド(心)の知識がある人間には誰も敵いません。

これを読んだあなたは大丈夫。

胸を張って仕事に励んでください。 

 

木漏れ日の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください