読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

将来のビジョンに教育的要素が含まれていないと、何をやっても長続きしない

教育 ゴール設定

ハイキングをしている人の足元の写真

野球が大好きでした。
こんな好きなことを一日たりとも休めますか。

- 衣笠祥雄(元プロ野球選手)

 

行動、機能、役割。

この三語はどれも人間の“存在意義”を

表す言葉だと私は思っています。

そして、コーチング、教育、スポーツ。

私はこの三つの言葉を“同義語”だと考えます。

 

人の行動には必ず“目的”が伴います。

その目的を意識することで、やがて

“結果”というものを追い求めるようになります。

 

しかし、人が行動に対して目的を失うと

行動が、次第に“惰性化”していきます。

 

惰性化すれば、行動自体は

継続していきますが、

それは「誰がやってもいい」という

“顔の見えない行動”に変わっていってしまうのです。

 

顔の見えない行動とは、

“代わりがいくらでもいる”ということを意味します。

顔が見えなければ、誰からも注目されず、

賞賛の言葉さえもかけてもらえません。

モチベーションも次第に下がっていきます。

 

では、行動というものに

理念ビジョンゴール、ミッションといった

抽象度の高い要素が加わるとどうなるのでしょうか?

 

理念 × ◯◯

ビジョン × ◯◯

ゴール × ◯◯

ミッション × ◯◯

 

左側に書いた行動に含まれる目的の

抽象度が高くなればなるほど、

実は、行動の手段はどんなものであっても

それは立派な活動として成立するのです。

 

たとえば、

世界平和とファッションデザイン

組合わせることも可能です。

 

実際、アメリカのNIKE社は

女性イスラム教徒が着用するヒジャブを

アスリート向けに改良して販売することを

発表しました。

 

高齢者の健康増進と相撲

組合わせることで、

四股を踏む動作を足腰を弱らせない

体操に生かすことも可能だったりします。

 

多くの人が、行動だけに注目するから

目的を失い、何をやっても

途中であきらめて長続きできないのでは

ないでしょうか。

 

重要なのは、抽象度の高い視点です。

 

行動も、「他人との関係性の中でしか

価値を持つことはできない」ということを

絶対に忘れてはいけないのです。

 

※メルマガでは、かなり現実的視点に立ってコーチング理論の活用方法を提示しています。遠い未来ではなく、“いま”を変えたいと本気で思っている方は、是非一歩飛び越えてメルマガ登録をしてみてください。

 ↓もうすぐ配布終了になります↓

シャボン玉の写真

☆メルマガ好評配信中!

読むだけで、誰でもライフコーチやメンタルコーチになれるような抽象度の高い情報を発信しています。

時代に左右されないライフスタイルを目指している方は必見です。

購読は無料。

ただいま、ご登録特典として、あなたの夢を叶える『if ブレークスルー・メソッド』のワークテキスト(PDF)をもれなくプレゼント中です。

ぜひ、ご登録ください。

>>ご登録はこちらから!

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください

 

NEXTGIVEコーチングウェブサイト