横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

【バレンタインデー】本命のオトコほど義理チョコで落とすべき理由

外国人カップルの写真

人生は 2番目の夢だけが叶うものなのよ

ほら だってあの人は あたしに残らない

♫『シュガー』(中島みゆき

 

もうすぐバレンタインデーです。

欧米では男性のほうからチョコを渡すのが普通らしいですね。

義理チョコと本命のチョコ。

その違いって、愛情の重みだけでしょうか?

私は両者の違いをこのように解釈しています。

それは、イニシアチブ(主導権)が自分にあるか、それとも相手にあるかです。 

 

人の脳は「お願い」をされると、無意識のうちに反発をします。

コーチングではこれを「プッシュ・プッシュバックの原理」と呼んでいます。

元々、私はセールスの仕事をしていましたが、売れる販売員や営業マンほどお客様に対してお願いはしません。

それくらい当然と思っている方もいることでしょう。

けれども、超一流のセールスマンや営業マンはもっとすごいんです。

製造元や正規販売店といった取引先にもお願いをしないのです。

それくらい、イニシアチブというものを重視します。

ちなみに、私の元上司はAppleで働いていた方でしたが、そういう部分に関しては徹底的に叩き込まれました。

 

恋愛に関しても同じで、「お願いする」よりも「お願いされる」ほうが断然有利です。

好意も善意も与えた瞬間、それは相手のもの。

期待をするからがっかりもするし、憎しみだって生まれます。

 

どうしても落としたい相手なら、判断の主導権は渡さない。

これが基本。

 

「義理チョコ買うのもったいないから、ご飯でもおごらせてよ。何食べたい?決まったら教えてね」

 

こんなふうに、さりげなく主導権を握っていけばいいんです。

世のオトコって、ほぼ100パーしっかりした女性を好みます。

清潔さがあれば、外見はほとんど重視しません。

シワも白髪も似合っていれば、隠さないほうがいいと思います。

 

日本では製菓会社がプロモーションで広めたと言われるバレンタインの習慣。

ゲームだと思って参加するのもアリだと思います。

 

少しでも拾えるところがあれば幸いです。

それではまた。

  

◆こちらの記事も是非参考にしてみてください

y-matsue.hatenablog.com

 

コーチングに関するお問い合わせはこちら

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください