横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

LibertyとFreedom|自由の意味を知らないと自由にはなれない

自由の女神を見学する人々の写真

LibertyとFreedom。

それぞれにいくつかの意味があります。

しかし、意味の違いを比べても、いまいちよく分らないと思います。

実際、『Oxford Learners Dictionaries』にはどちらの単語にも、意味の一つとして同じ文章が載っています。

 

the state of not being a prisoner or slave

(囚人もしくは奴隷ではない状態)

 

Libertyという単語には、社会的な意味が含まれています。

圧政から解放された時に得られる自由にはLIbertyという言葉が使われます。

 

一方、Freedomという単語。

誰からも妨害されず、自分の意志で“行動”できるという状態を指します。

だから、人間以外の生き物を主語にしても使うことができます。

 

人が生きる過程で、Libertyが先かFreedomが先か?

これは明らかにFreedomです。

人は生まれながらにして平等に自由を与えられます。

しかし、生まれた国、家庭、政治的宗教的環境によって、気付かぬうちに“制約”を与えられていきます。

その制約から解き放たれたときに得られる自由。

それがLIbertyです。

つまり、制約のない自由である「Liberty」を手にすることで、自由に行動できる「Freedom」を“再び”手に入れることができるとも言えるのではないでしょうか。

 

人の心理的盲点は育った環境の中で生まれます。

大人になれば活動する環境が増えるので、一見その心理的盲点は減っていきそうな感じがします。

しかし、たくさんの情報にさらされることで、逆に心理的盲点は増えていきます。

 

コーチングの目的のひとつ。

それがまさに心理的盲点を外すしていくことでもあります。

 

制約があったとしても、その範囲内で自由を得ることができれば、それも幸せであることは確かです。

それを否定してしまうと、我々の先人がみな不幸ということになってしまいます。

そんなことないですよね。

 

けれども、我々は世界を冷静に俯瞰出来る自由を手にしています。

そこで、どう動くか?

結局、動かなければ個人がそれぞれ追い求めている真の「Freedom」は得られないと思っています。

 

LibertyもFreedomも常に揺れ動く「状態」です。

だから続く保証はありません。

 

守るためには行動です。

さあ、どうしますか?

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください