横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

仕事とは筋トレ | 稼げる人の思考パターン

腕立て伏せをしている男性の写真

 

5万円を貸して半分しか返してもらえないよりは、

1万円くれてやったほうがいい。

By トーマス・フラー(イギリスの聖職者・歴史家)

 

筋トレほどお金にならない自己投資はない。

それなのに、なぜ一流経営者やセレブは体を鍛えるのでしょうか?

 

本格的に体を鍛えたことがある人なら分ること。

それは、すぐに体型は変化しないということです。

やせるのは慣れていれば簡単に出来ます。

しかし、筋肉を付けながら理想の体型を手に入れるのは結構大変です。

 

胸と肩を鍛える日。

背中と上腕二頭筋の日。

下半身と上腕三頭筋肉の日。

腹筋は毎回。

一カ所につき、次回までのインターバルは72時間程度、

のように本格的に取り組もうとすれば、やがて筋肉中心の生活が始まります。

 

それでも筋トレが人を魅了してやまない理由、

それは人は未知な世界に憧れるからだと思います。

もっと言えば、人は誰でも“未知な自分”に逢いたいのです。

草を食べている牛の写真

収入が増える確実な自己投資。

それって何だと思いますか?

それは、仕事を増やすことではないでしょうか。

 

けれども、体は一つしかないですし、一日は24時間と決まっています。

そこで頭のいい人は、あることに気が付きます。

「自分の分身を増やせばいいのではないか!」

そして、会社を立ち上げ社員を“クローン化”しようとして失敗します。

 

それでは、“健全な”収入を増やす方法とはいったい何なのでしょうか?

それは、あなたのビジョンやゴールに賛同してくれる人と“つながり”を作ることだと私は考えています。

ある経営者はこんなことを仰っていました。

「お金稼ぎとは、人稼ぎのこと」

これって、まさしく“つながり”のことですよね。

つまり、稼げる人とは“つながりを作れる人”とも言えると思います。

被災した家屋の写真

コーチングにおいて、「職業」や「収入の額」はゴールにならないと考えます。

すべてのことには原因があり、理由が伴います。

紛争地域で医療活動を行う団体には、たくさんの支援と寄付が集まります。

しかし、浪費のための活動には誰も支援や寄付はしませんよね。

 

ああなりたい、こうなりたい。

決して、願望はゴールにはなり得ません。

ゴールにも理由があり、その過程で必然的に得られる結果にも理由があるのです。

 

それって、まさしく筋トレと同じ。

勝手に筋肉は付きません。

願望だけでも無理。

綿密な計画と地道な行動。

すべてが伏線で繋がっているのです。 

感謝のことばが描かれた写真

おわりに。

日本全国にある歯科医院の数はコンビニの数より多いのをご存知でしょうか?

 

患者が全然来ない歯科医院にコンサルタントなら「集客方法」を教えると思います。

一方、コーチならまずこのように尋ねるでしょう。

「この地域にどのように関わっていこうと考えていますか?」

 

人の行動にもすべて理由があります。

それはお金の流れも同じ。

なぜなら、お金は人によって運ばれ支払われるからです。

そして、人とのつながりが多ければ多いほどお金のやり取りも生まれていきます。

 

応援される。

感謝される。

そして対価を得る。

 

無い物ねだりをする。

哀れんでもらう。

 

わけのわからないビジネスをやってる人ほど複雑なことを言います。

けれども、実際は結構シンプルなことだと思います、お金って。

 

少しでも拾えるところがあれば幸いです。

それではまた。

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください