読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

チャレンジを続ける人にしか絶対に分からない超大切なこと

山頂から雲を雲を見下ろす男性の写真

こんにちは。

 

人生はチャレンジだ!

これは、いまだに史上最強と言われているプロレスラー・故ジャンボ鶴田氏が残した言葉です。

ミュンヘン五輪レスリングの代表として出場した後、「全日本プロレスに入社します」と言ってプロレスデビュー。

その後はずっとプロレスのエリート街道まっしぐら。

それでも、デビューしたころから常に第二の人生についていろいろと考えていたそうです。

 

コーチングでは、人はベストな選択しかできないと考えます。

たとえ後悔してとしても、決断とはベストな判断で下したものであるはずです。

だから、チャレンジすべきときに「やらない」という選択をしても、それは本人にとってはベストな判断であるのです。

 

しかし、「やる」「やらない」のどちらも正しいと考えた場合でも、両者には明確な違いがあります。

それは、今まで見えなかった景色が手に入るかどうかということです。

 

チャレンジを続ける人。

なかなかチャレンジしない人。

この差って何だか分かりますか?

それは、「チャレンジの先には何があるのか?」という問いに対する答えだと私は考えます。

 

チャレンジしない人。

チャレンジすることを恐れる人。

こういう人は、チャレンジの先にあるのは「成功」と「失敗」だと考えます。

 

一方、チャレンジを続ける人。

そういう人が考えるチャレンジの先にあるもの。

それは「発見」です。

 

人には必ず「スコトーマ」と呼ばれる心理的盲点が存在します。

コーチの役目のひとつ、それが心理的盲点を外してあげることなのです。

常にチャレンジを続けている人は自分でその心理的盲点を外す作業をしているとも言えます。

 

チャレンジを続ける人は「チャレンジしないことが最大の失敗」と言います。

けれども、チャレンジしない人は「チャレンジすることが最大の失敗」とは決して言いません。

だから、やる・やらないという選択肢が同時に提示された場合は、絶対にチャレンジすべきなのです。

 

本当に選択すべき道。

それは、チャレンジした後にしか見えてこない。

これが真実です。

 

 少しでも拾えるところがあれば幸いです。

それではまた。

 

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

yoshihikomatsue◎gmail.com

◎を@に置き換えてください