横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

自分の人生のために信念よりもワガママを貫こう!

椅子に座っている女性の写真

こんにちは。

浅草橋ヤング洋品店という90年代初めに放送されていた伝説のテレビ番組をご存知でしょうか?

その後、ASAYANというオーディション番組に変わりましたが、元々はファッション関係の番組としてスタートしました。

その番組の中で、本物のホームレスの男性を綺麗な洋服に着替えさせるというコーナーがありました。

なぜホームレス生活を送るようになったのかを取材しながら、最後はシャワーを浴びて立派なスーツに着替えてもらい、しかもそれをプレゼントするという内容でした。

しかし、このコーナーは視聴者からの苦情があまりに多くて数回で終了。

ちなみに、このコーナーを企画したのはあのテリー伊藤さんだったようです。

 

人生、お金がすべてではない。

これってありふれた言葉ですが、結局大金持ちにならなければ真相は分からないものですよね。

 私が子供の頃から大好きな超大物ミュージシャンはこう言ってます。

「結局、最後は銭だけど、問題は稼ぎ方なんだよね」と。

 

しかし、実体のない情報に価値を置くようになった現在では、お金に対する人々の考えは大きく変わりました。

それは、今も毎日、いや数秒ごとに変わっていると思われます。

 

コーチングにおいて収入やお金に対する価値観を決めるもの、

それは本人のマインドです。

お金の価値は不変です。

必要な“量”と入ってくる“間口”を決めるのは本人次第ということになります。

 

欲しい未来。

欲しい現実。

欲しいお金。

どれも手に入れる方法は変わらないもの。

 

大事なことは、

なぜ、必要なのか?(Why)

手に入れて何をしたいのか?(What for)

 

入ってくるものに対するマインドを変える。

それは、いたってシンプルなものなのです。

 

そしてもっと大事なこと。

それは、目的を達成するためには結果が出るまでワガママを貫くということ。

誰でも自分が一番なんです。

“自我”ってそういう風に出来ています。

だから、誰が何と言おうと自分というものを究極なまでにとことん貫くことです。

 

自分はこんなもんじゃない。

もっとできる。

こんなところにいてはいけない。

 

自分を高めることができれば、周りの人を高めることだって可能です。

だから、手に入れたい未来のために自分を貫くワガママ、

それは決して“迷惑”ではないのです。

 

私の来年のテーマ、

それは“つながり”です。

 

自分の生き方を徹底的に貫きたい方。

そんな人たちを応援するためには、もっと多くのつながりが必要だと感じています。

 

あなたはワガママを貫いていますか?

我慢する必要なんてありません。

なぜ、自分には幸せが必要なのか?

ゆっくり時間を作って考えてみてください。

 

それではまた。