読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

コーチング理論に基づいた、自分で自分を幸せにする方法とは?

おじいさんと孫の写真

こんにちは。

 

人を瞬間的に笑わせる方法って知ってますか?

それは、まず自分が大笑いすること。

 

人には他人に同調するという特性があります。

悲しみ、憎しみ、嫌悪、喜び、怒り、ワクワク感など。

感情以外では、「体の痛み」も伝播すると言われています。

 

その中でも、一番相手に伝わっているのが実感できるもの。

それが、喜びやワクワク感といったプラスの情動が働くものです。

しかも、笑いというバロメーターがあるので伝わっていることが瞬時に分かります。

 

コーチングとは、まさにプラスの情動を引き出すアプローチ。

過去を重視しないというのがコーチングの鉄則。

なので、ネガティブな感情が引き出されることはほとんどありません。

もし、ネガティブな感情が出たら、それは本人が勝手に引き出しているとも言えます。

背中あわせのカップルの写真

自分の夢。

他人の夢。

これは常に表裏一体です。

 

人は無意識下では「自他」を区別しないと言われています。

目の前の人が行ったことを、自分がした行為として脳にインプットします。

他人のためにやったことを、自分のためにやったことだと認識します。

 

そう考えると、自分を幸せにする方法。

それは、誰かを幸せにすることであると言えるのではないでしょうか?

 

プラスの情動を用いて、相手を幸せにする。

それが「笑い」や「笑顔」を引き出すことでもあるのです。

 

未来の笑顔を保証する。

そのためには相手が将来、笑顔にあふれた生活を送っている姿を思い描く。

そうすることによって、自分の未来も笑顔にあふれたものにできるのです。

 

私がコーチングをやっている理由もそこ。

まずは幸せを「Give」する。

とにかく「Give」する。

相手を高めることによって、自分の心が充実していきます。

 

与えることを意識してみてください。

幸せの源泉は枯れません。

誰かが勝手に守ってくれます。

 

それではまた。

※幸せになる脳の使い方をもっと知りたい方は、ぜひメルマガ登録を!

黒板の写真