読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

「美」に勝るもの

石畳の上に立つ女性の足元の写真

こんにちは。

 

カリスマ女性モデル。

カリスマ女性起業家。

よく目にしますよね。

 

カリスマ男性モデル。

カリスマ男性起業家。

あまり知られていません。

 

なぜだと思いますか?

 

理由は単純。

メディアが「カリスマ女性◯◯」という言葉を好んで使っているからです。

カリスマ男性◯◯では、あまり注意を惹くことができないんです。

 

ターゲットを女性に絞り込んでいるのメディアの記事。

面白いことに、そんな記事でも男性を取り込むことが可能です。

 

しかし、その逆は非常に難しいのが現実。

男性向けのメディア記事は、ほぼ男性にしか読まれません。

 

企業のホームページ。

これも基本的に女性に受けるようデザインされているケースがほとんどです。

私は以前、外資系の企業に勤めていました。

その会社も、途中からホームページのデザインを完全に女性向けに変更したことがあります。

それでも、男性客の数が減ることはありませんでした。

 

女性男性に限らず、人は「美」というものに敏感です。

おそらくこれは本能ではないでしょうか。

 

しかし、「美」そのものに力があるとは限りません。

周囲とギャップがあるからこそ目を惹くのです。

 

周りが奇抜な格好をしている中、一人だけシンプルな着こなしをしている。

これだけでもギャップを生み出せます。

 

洋装の人が多い会合で、一人だけ和装をする。

白人の中で、一人だけ日本人がいる。

これらもギャップを生み出します。

 

外見だけの話ではありません。

世間の価値観に流されがちな時代に、自分の生き方を貫く。

足りないものを埋めようとする人が多い中、「与える」ことに徹する。

英語を重視する風潮の中、綺麗な日本語を身につける。

などなど。

 

キラキラ女子という言葉が妬みの対象として使われています。

それだけ、多くの人が自分流を貫くことに心の奥底では憧れているのです。

 

美を追求する前に大事なこと。

それは、周りに流されないことです。

 

そのために必要なのもの。

それは「志」です。

 

「志」とは心の強さ。

心が強ければ勝てないものはありません。

 

もちろん「美」に勝つことも可能です。

 

だから、外見に自信がない人も大丈夫。

必ず勝機はあります。

 

それではまた。

※もっと突っ込んだ話はメルマガで書きます。

黒板の写真