横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

過去の実績イコール「強み」ではない!

カメラ目線の女性の写真

こんにちは。

 

看板娘がいるお店。

看板娘が一人もいないお店。

 

あなたはどちらのお店で食事をしたいですか?

多分、看板娘がいるお店を選ぶと思います。

 

店舗経営においては看板娘を作ってはいけない。

飲食業界ではよく言われていることです。

 

私は20代の頃、飲食業界に身を置いていました。

だからこの言葉の意味を痛いほど理解できます。

 

看板娘を作ってはいけない理由は単純です。

その看板娘がいなくなれば、それ目当てだったお客様も来なくなるからです。

 

これは普通の企業でも同じこと。

二度三度の転職が当たり前の時代。

スタープレイヤー頼みの会社ほど危ないのです。

 

かといってスタープレイヤーを作るべきではないということではありません。

どんな組織であれ、必ず優秀なグループが出来るものです。

 

「2-6-2の法則」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

これは、どんな集団でも必ず上位2割、中位6割、下位2割に分かれるという考えです。

 

上位2割の人たち。

まさしく輝かしい結果を残している人たちのことです。

しかし、それはあくまでもその集団における上位2割。

だから客観的に見れば、上位でもなんでもないのです。

 

過去の実績を「強み」と思い込んでいる人がたくさんいるような気がします。

しかし、過去の実績自体が「強み」として通用する機会は多くありません。

たとえそれが「数字」という嘘のつけないもので表せたとしてもです。

 

実績よりも大事なこと。

それは、「なぜその結果を出せたのか」という分析力です。

言い換えると、状況を客観的に見る能力です。

 

過去の実績は誰も欲しがりません。

 

人々が欲しがるもの。

それは再現性のある「実績を出す方法」です。

 

自分以外の人に役に立つこと。

それこそが我々の「機能」であり「役割」でもあるのです。

 

 

過去に実績がなくても安心してください。

 

とことん、自分らしく生きる。

これが出来ている人は多くありません。

 

だから、あなたがそれを実践してください。

そうすれば、あなたの生き方が「強み」になります。

 

それではまた。 

木漏れ日の写真