読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

お金に結びつく「自分の強み」を簡単に探す方法

寝そべって本を読んでいる女性の写真

こんにちは。

 

自分の強み。

自分の弱み。

あなたはどちらが見つけやすいですか?

 

仕事で結果を出せている人。

ビジネスを加速させている人。

相性がピッタリなパートナーをゲットできた人。

自分の強みを知っている人ほど、お金も人もどんどん引き寄せていくものです。

 

自分探しと自分の強み探し。

似ているようで全く違うと思います。

自分の中で探すのか?

それとも自分の外側で探すのか?

 

たとえ、人生経験が浅くても、自分の強みは自分の「内側」にある。

私はそう思っています。

 

そしてもう一つ。

もっとお金を稼ぎたい。

もっと収入を上げたい。

そう思っている人こそ、自分の「内側」にある強みを見つけるべきです。

強みは、誰にでも必ず存在しています。

例外なくです!

 

そうは言っても見つからない。。。

本当でしょうか?

 

例えば普段の何気ない会話を思い出してください。

知り合いの方が発した言葉も思い出してください。

最近のもの。

ずいぶん前のもの。

 

「アレを飲むようになってから便秘が改善したみたい」

「毎日10分だけアレをやったらTOEICが800点越えちゃった」

「面接でアレを言うのをやめたら内定がもらえた」

「アレに集中したら営業成績が上がってきた」

「アレを試したら子供の肌荒れが治まってきたみたい」

「アレに固執するのをやめたら結婚相手が見つかった」

「アレを手放したら気持ちが楽になってきた」

などなど。

 

何気ない会話に出てくる「アレ」をみんな知りたいんです。

人は結構些細なことで、眠れないくらい悩むものなのです。

忘れ去ってしまうくらい小さな「アレ」。

それに本当の価値があるんです。

 

ではなぜ、人は自分の内側に存在している価値あるものに気付けないのか?

 

それは、自分の目指していることと関係がないからです。

だから、心理的盲点に隠れてしまって気付かないのです。

 

しかし、ここが大事なところ。

お金に結びつくもの。

それは「自分の強み」であることがほとんどなのです。

 

自分の強みを見つけた先に、自分の目指すことを設定する。

これが逆になると、初めの一歩を見失うことになります。

 

あれもやりたい。

これもやりたい。

けど何をやればいいのか分からない!?

 

 

そんな人は、「些細な」成功体験を探してみてください。

些細であればあるほど、価値があるものです。

 

辞めたこと。

捨てたこと。

諦めたこと。

腹が立ったこと。

滅入ったこと。

ぶちのめされたこと。

 

そんなことがあっても、なぜ今の自分がいるのか?

そこにヒントがあります。

 

自分を静かに見つめる時間を作ってみてください。

特に夜がオススメです。

 

それではまた。

黒板の写真