読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

人間関係をこじらせないための超シンプルな原則とは?

シャンパンを開けている男女の写真

こんにちは。

 

群れるのが好きな人。

群れるのが嫌いな人。

あなたはどちらのタイプですか?

 

私は十代の頃から群れるのが大嫌いでした。

文化祭、体育祭、修学旅行、遠足、どれも苦手。

社会人になってからも、飲み会の誘いは基本的にスルー。

たとえ上司からの誘いであってもスタンスは同じ。

完全にマイペースを貫く性格はいまでも変わりません。

 

意外に、そんな性格でも嫌われたりしないものです。

むしろ、たまに輪に入ることが「レアなハプニング」として喜ばれたりします。

学生の頃から一人旅が好きでしたが、誰かを誘うこともあります。

誘って断られたこともありません。

 

人が二人以上集まれば、「人間関係」という概念が発生します。

けれども、相手を意識しないかぎり人の関係は形成されません。

例えば、近所の知らない人同士の場合。

どちらかが挨拶すれば、そこで初めて人間関係が生まれます。

もしくは、騒音が気になり始めることでも人間関係が発生します。

 

人の悩みの8割は人間関係にあると言われています。

なぜ、多くの悩みの対象が「人」なのでしょうか?

私は、人間関係の根底に「損得勘定」があるからだと考えています。

 

「返報性の原理」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

人は他人から何らかの施しを受けた場合、お返しをしなければいけないという感情が芽生えます。

ショップの店員さんが熱心に商品の説明をしてくれた。

だから、買ってあげなくてはかわいそう。

このような感情を抱くことを「返報性の原理」と言います。

 

しかし、中には「お返しをしてもらって当然」と考える人たちもいます。

お酒を注いであげたから、次は自分が注がれる番。

誕生日プレゼントをあげたから、今度は自分がもらう番。

いつも、送り迎えしてあげてるんだからガソリン代くらい払って。

たまには、そっちから仕事を紹介して。

いつもフォローしてあげてるんだから、少しは感謝してもいいんじゃない?

静かにしてるんだから、そっちも静かにして!

臨時で出勤してるんだから、何かお礼を言え!

 

過去の私自身がそう思っていました。

しかし、この世に「ギブ&テイク」の法則は存在しません。

鈍感な人。

敏感な人。

意地悪な人。

超いい人。

いろんな人がいます。

気づかない人は永遠に気づきません。

 

だったら、自分で自分を満たした方が早い。

これに尽きます。

 

誰だって自分が一番なんです。

他人は二の次なんです。

けど、自分で自分を満たせないから、他人を満たすことに躊躇してしまうんです。

 

自分で自分を満たす。

そしたら、必ず他人も満たしてあげる。

それなら、他人は二の次でもいいんです。

 

ギブすることに徹する。

意外にできる人は少ないと思います。

だからこそ、ギブする人間には思いがけないチャンスが舞い込みます。

 

あなたはギブしてますか?

 

それではまた。  

シャボン玉の写真