横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

品格とは、・・・そのもの。磨く方法を探す前にまずやるべきこと

カルティエの腕時計の写真

こんにちは。

昨日は、夕方以降に時間が作れたので地元の三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドに車で行ってきました。

近くにヨットハーバーがあり、雰囲気はやっぱり最高。

欲しいものがあったのですが、結局、何も買わずに帰りました。

モノをこれ以上増やさないように決めているので、なんとか欲求に勝つことができました。

ちなみに、横浜市内の海沿いは全て埋立地

個人的にはビーチがある湘南や西湘の方が好きです。

 

さて今回は、「本物の品格を身につける方法について書きたいと思います。

 

最近、思うことが一つあります。

それは、成功に品格は不可欠であるということです。

 

もちろん、コーチにも品格を求められます。

なぜなら、ラポール(相互の信頼関係)を築くためには、言葉以上に非言語的な要素が重要だからです。

コーチに限らず、医師にも同様なことが言えます。

 

10年くらい前に、『国家の品格』(藤原 正彦著)という本がベストセラーになったのを覚えているでしょうか?

そのあとには『女性の品格』(坂東 眞理子)という本も話題になりました。

まさに「品格ブーム」が起きたわけです。

 

けれども、この「品格」という言葉をわかりやすく説明するのは非常に難しいと思います。

辞書で調べてみても、

ひんかく【品格】

どことなく、その・人(物)に備わっている品位。

新明解国語辞典 第三版)

としか書かれていません。

 

あなたの周りには、品格を感じさせる人がいますでしょうか?

私の周りですぐに思いつくのは、コーチングや武道の習得でお世話になった、いわゆる「師匠」と呼ぶ方々です。

まだまだ私自身追いつくどころか、後ろ姿も見えない位置にいるのかなと思っております。

 

そして、品格を感じさせる人に共通すること。

それは、圧倒的な強さです。

決して、フィジカルの強さではございません。

道場の畳の上で向き合う二人の足の写真

コーチングでは、圧倒的な自信を持つことがゴール達成には不可欠だと考えます。

自信がないまま成功を成し遂げる人は、まずいないでしょう。

抽象度の低い話になりますが、異性にモテる人は自分に自信のある人です。

 

自信は、常にゴール側からやってきます。

どうしても手に入れたい未来を描いた瞬間に、それしか見えなくなるのが理想です。

心理的盲点をゴール達成に活用するのです。

 

もし、あなたが本物の品格を身につけようと思ったら、まずご自身が理想とする人と接点を持つことです。

エフィカシー(自分の能力に対する自己評価)の高い人と一緒にいると、あなたのエフィカシーも自然と上がっていきます。

 

品格を感じさせる人は、決して自分を周りと比べることはしません。

けれども、他人の価値観に対して寛容です。

そして常に感謝の気持ちを持っています。

自分軸で生きている人ほど常に余裕を感じさせます。

 

そう、品格とは、強い生き方そのもの。

言い換えれば、戦わずして勝つ強さではないでしょうか。

 

他人軸で生きている人は、品格のある人の前では、すでに負けています。

戦わずして負けているのです。

 

私の記事を読んでくださるあなたは、ご自身の価値観で生きている人です。

だから大丈夫。

充分、品格のある方です。