横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

独立・起業しても収入が上がらない人の目標設定とは

グラスに入ったシャンパンの画像

私事で恐縮ではございますが、本日誕生日を迎えました。

コーチングでは「時間は未来から過去に流れている」と考えますが、まさにそれを一番実感するのが、毎年必ず訪れる誕生日ではないでしょうか。

コーチングを本格的に学んでからは、年齢は積み重ねるものではなく、そっと何処かにしまっておくものだと考えるようになりました。

そうすると肩の力が抜けて、気持ちが結構ラクになります。

 

さて、今回は「独立・起業して確実に収入を上げる目標設定の方法」について書きたいと思います。

ほとんどのセミナー講師が有料で行うようなテーマですが、私はお金を取りません。

情報発信において、出し惜しみはしないというのが私の信条です。

 

コーチングでは、ゴール設定を重要視しています。

ゴールが見つからない方には、まずはゴール探しのお手伝いから始まります。

しかもゴールは複数あるのが理想です。

コーチングの面白いところは、ゴールはたくさんあればあるほど達成する確率が高くなるということです。

 

「二兎追うものは一兎も得ず」という諺がありますよね。

けれども実際は、二兎追うものだけが二兎得ることができるのです。

現実世界で獲物を捕まえようとするときも同じだと思います。

人の目線で探すよりも、はるか高いところから獲物を探した方が、二兎どころかもっとたくさん獲物を捕まえることが可能になります。 

空を飛ぶワシの写真

あなたの目標やゴールも同じではないでしょうか?

たとえば、どうしても今年中に叶えたい夢が100個あったとします。

もし目の前にアラブの大富豪が現れて1億円をポンとプレゼントされたら、叶えたい夢の大部分がすぐに叶ってしまうのではないでしょうか。

 

思考の抽象度を上げるとは、こういうことなんです。

一見、素敵なゴールや夢を無数に抱いている人でも、その根底にあるのは「お金が欲しい」ということだったりします。

 

さてここからが今回の本題です。

実際に収入を上げるためのゴール設定の方法ですよね。

あなたが独立・起業していても、していなくても(たとえ現在無職でも)ゴールの設定方法は変わりません。

「ゴールは現状の外側」というのが基本になります。

 

ただ漠然と「3000万貯めたい!」でも別に問題はないのですが、相当時間がかかることになります。

そして実際に3000万円貯まったとしても、使い道に困ってダラダラ浪費することになるでしょう。

 

年収400万の人が、「5年後に3000万のマンションを買う!」と決めた時に心理的盲点がポンッと外れていきます。

つまり、脳が初めて創造的に働き出す瞬間です。

黒い高級車を近くから撮影した写真 

あなたが理想とする年収はいくらですか?

仮に1億円が理想の年収だとします。

(一億円を稼ぎたいと思っている人になりきってみてください)

 

そして、もう一つ質問です。

その1億円で何をしたいのですか?

 

答えに困った人は、まだ1億円マインドになっていない証拠です。

正直なところ、私も困ります。

私が今回書きたかったポイントがこれなんです。

つまり、

理想の収入額とは、イコールあなたが実際に必要としている額

ということです。

 

ただ漠然と「これくらい稼げればいいなあ」では収入は上がりません。

「私のゴールには、・・・万円必要なんだ!」と思った時に、脳はあなたの味方をするのです。

 

よく、宝くじに当たった人は人生が変わると言いますよね?

もし、3億円当たったらすぐに預けるのが得策です。

人間の脳は現状のコンフォートゾーン(居心地の良い場所)を維持しようとします。

だから、自分に相応しくない額のお金を手にしたら、それをなんとかして手放そうとしてしまうのです。

人によってはすぐに家を購入したりしてモノに変えようとします。

誰かに騙し取られたりして、本当に綺麗さっぱりなくしてしまう人もいるそうです。

 

清貧という言葉がありますが、脳を思いっきり働かせるためにはお金に関するゴールは必ず設定してください。

その額を「ゴール相当」にすることもお忘れなく。