横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

目標達成の確率を80%に上げる方法

洋服をきた猫の写真

こんにちは、松江です。

最近、多忙で出来ていなかった日用品の買い物を夕方から敢行。

昔から感じていたことを、本日改めて痛感。

それは、肌に塗る「シーブリーズ」の陳列場所がどこの店も分かりづらいということ。

 

さて、今回は「目標達成の確率を思いっきり上げるコツ」について書きたいと思います。

  

これは日本人の特徴といえばそうなのかもしれないのですが、私が以前から気になってしょうがないことが一つあります。

 

それは、

自分自身の能力に対して謙遜しすぎる人が非常に多いこと。

コーチングでは、自分自身に対しての謙遜は一切いらないとアドバイスします。

最高のセルフイメージを描くには、自分の能力に対する自己評価を思いっきり上げる必要があるからです。

 

常に、「〜になりたい」「〜をやりたい」と願う人ほど、自己謙遜が強い傾向があります。

逆に、自由な生活を謳歌している人は皆、腰は低いですが、自分の強みをしっかり把握しています。

 

「〜になりたい」「〜をやりたい」というセルフトークを、

「自分は〜になれる」、「自分は〜をやる(できる)」に変えてみる。

これだけで人生は激変します。

 

そして、裏ワザ。

普段のセルフトークや目標を紙に書くときに、ものすごく大事なこと。

それは、「私は」という主語を入れること。

 

みなさん、自分の目標に対して無責任になりがちではありませんか?

置き去りにされた目標は淋しがっていると思います。

 

日本語は主語がなくても、誰の行為なのか通じてしまう不思議な言語。

 

だからこそ、目標やゴールに対しても、

「それ、私がやります!」って約束してください。

 

気づいたら達成してると思いますよ。

ほんとに。