横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

コーチング理論から考える、年収を上げる簡単な方法

漁師

こんにちは、松江です。

姉と妹からもらった義理チョコを食べながら書いております。

さて、今回はコーチング理論から考える、あなたの収入を上げる方法」について書きたいと思います。

 

あなたは、今の収入(給料)に満足していますか?

 

多分、ほとんどの方が「満足していない」と答えるでしょう。

人は年収が900万円をピークに、それ以上はいくら稼いでも幸福度は上がらないと言われています。

にもかかわらず、人はいくら稼いでも、特に日本人は「お金は減るもの」という固定観念があるので満足はできないものです。

 

ちなみに、30代の日本人の平均年収は414万円。

これ、多いと思いますか?

それとも少ないと思いますか?

 

コーチングでは、収入に関するゴール設定は非常に大切だと考えています。

けれども、注意しなければならないことがあります。

それは、

「〜万円稼げるようになりたい!」というゴールを立てるのではなく、

「〜万円をすでに稼いでいる自分の姿」を強くイメージすることです。

 

セルフイメージが描けなければ、絶対に現状は揺らぎません。

そしてもう一つ大事なこと。

 

例えば、もしあなたが年間一億円稼ぎたいと思っているとします。

そしたら、実際に年間一億円を稼いでいる人と知り合うことが必須です。

現状がコンフォーゾーンになっている限り、一億円の稼ぎ方は永遠に見えてくることはありません。

 

あなたの周りを見渡してください。

あなたより稼いでいる人は何人いますか?

そんなに多くはないはずです。

つまり、

あなたが普段、接している人たちの平均年収が

あなたの年収の限界なのです。

 

なかなか釣果の上がらないマグロ漁師は、いつも大漁のマグロ漁師の船に乗せてもらうことでセルフイメージを変えることができます。

いつも大漁の船が自分のコンフォートゾーンになれば、自然と現状から抜け出すことができるのです。

 

収入を上げるために必要なことは「方法」ではなく、

まずコンフォートゾーンを移行させること。

 

これが分かると、どんな自己啓発書でも読み方が変わります。

試してみてください。

面白さが2倍にも3倍にもなりますよ。