読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜メンタルコーチング

我慢と不満は万病の元。ココロとカラダを解き放て!

森光子さんに学ぶ、若さを保つ秘訣

でんぐり返し

こんにちは、松江です。

そろそろ花粉が飛ぶ季節です。

最近、アレルギー性鼻炎の血液検査を耳鼻科で受けました。

花粉症、特にスギ花粉に対するアレルギー反応が高いという数値が出ました。

体質改善して、「花粉症」というレッテルを自ら剥がしたいと思っています。

 

さて、今回は「圧倒的な若さを保つための秘訣」について書きたいと思います。

 

あなたは、実際の年齢より若く見られますか?

 

私はよく、実際の年齢より若く見られます。

もともと童顔であることも一因だと思います。

 

私の周りの人たちも、実年齢よりはるかに若い人が多いです。

そして、自分なりに気づいたことですが、

見た目が実年齢より若い人の周りには、

やはり若く見られる人が集まるということです。

 

多分、エネルギッシュな人同士は惹かれあうのかもしれません。 

私は、普段から本や新聞を読んだりして、気に入った言葉などをノートに書くんですね。

この習慣は、多分、10代の終わりの頃から続いています。

 

そして、特に自分で気に入ってるのが、2012年にお亡くなりになった女優の森光子さんの言葉です。 (多分、インタビュー記事だったと思います)

 

若さを保つには、あることが必要だと仰っていました。 

それは、 少し、無理をすること

 

以前の私は、やりたくないことでも気力で乗り切るタイプでした。

でも、現在は森さんの言葉をこのように解釈しています。

それは、

「少し、無理をすること」とは

ゴールに向かって最短で駆け抜けること。

 

森光子さんは、『放浪記』という舞台の主役を45年以上やり、公演回数は2000回を超えました。

長くおやりになったことが注目されましたが、多分森さんの中では、その都度ゴールがあったのだと思います。

 

若さを保つエネルギーはゴール側からやってきます。

そして、大事なことは

ゴールを達成出来そうになったら、

新たにゴールを設定するということです。

 

本当のアンチエイジングは「脳」からです。

一切、お金はかかりませんので、是非やってみてください。