横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

コーチング理論に基づいた現状から抜け出す方法

改札を通るサラリーマン

こんにちは、松江です。

 

今年もすでに1ヶ月近く経過しましたが、いかがお過ごしですか?

年始に立てた目標達成に向けて、着々と進んでいるでしょうか?

 

「相変わらず毎年同じことばっかりやっているなあ」

と思っている人もいるでしょう。

 

ではなぜ、多くの人が毎年同じことばっかりやってしまうのか?

答えは簡単です。

 

それは、

現状維持という世界最強の魔物が人間の頭の中にいるからです。

 

現状に縛り付ける力というのは台風やハリケーン以上に強力なんです。

これは人間が生命活動を維持する上で非常に大事なことでもあるのですが、環境を変えたいと思っている方には厄介な存在になってしまうのです。

 

それでは、どうやって現状維持という魔物から逃れることができるのか?

 

その方法は、

現状の外側にゴール(目標)を設定すること

 

これしかないんです!!

現状に縛り付ける力は想像以上に強いので、これくらいのことをしないと変われません。

断言できます。

 

仮に、毎日満員電車で通勤するサラリーマンが、

「自分の好きな時間に通勤できる仕事に就いて、楽しく生活したい!」

というおぼろげな目標を立てたとします。

 

目標自体は悪くないのですが、これだけでは多分変われないでしょう。

なぜなら、大抵の人は次の仕事を探す時に、普通に転職サイト等から情報を得ようとするからです。

つまり、

現状の中から仕事を探すという「受身の姿勢のまま」

なのです。

 

ポイントは、常に現状の外側!

このサラリーマンの場合、現状の外側にゴール設定をするとこんな感じになるでしょう。

 

例えば、

・自分で社長になる(ビジネスを立ち上げる)

・日本以外の国で仕事をする

・思い切って会社に、「自宅で仕事をさせてください」とお願いしてみる。

(うまくいけば社内のパイオニアになれるでしょう)

・今の仕事に関連したフリーのコンサルになる

(実績がないなら作ってしまいましょう)

などなど。

現状の外側にゴールを設定した途端、たくさんアイデアが出てきます。

 

既存の中からではあなたが本当に望む未来は見つかりません。

 

このブログを読んでいる方には本当に変わっていただきたいと思っています。

だから何度も書きます。

 

ゴールは現状の外側に!