横浜ライフコーチング

時間は未来から過去に流れてゆく

コーチング理論に基づいた正しい目標設定の方法

富士山

こんにちは、松江です。

 

あなたは今年の目標を立てましたか?

今回は、

コーチング理論に基づいた目標設定の方法について

書きたいと思います。

 

よく、目標を立てるときに

やってしまいがちなこと、それは

達成しやすい目標を立てるということなんですね。

 

けれども、私のアドバイスは全く逆です。

 

目標は必ず、現状の外側に立てましょう!

 

もっと分かりやすく言うと、

今の自分では到底達成することが不可能な

ぶっ飛んだ目標を設定しましょうということです。

 

みなさん、

現状を変えたいから目標を立てますよね?

 

だから、

現状のマインド(=昨日までの思考)で

目標を考えてしまったら、結局

現状維持を今年一年間続けることになるんです。

 

仮に、あなたが月給25万円のショップ店員で、

今年の目標を以下のように立てたとします。

 

「今年は店長になって月給35万円もらえるようになる!」

 

一見良さげですが、これではダメなんです。

多分、ヒラ店員のまま一年が終わってしまいます。

 

ではどうすればいいのか?

こんな感じにすれば大丈夫です↓

 

「今年中に独立してショップオーナーになる!」

 

このように目標を立てると、

その瞬間から「では何をすべきか?」に

対する答えが自然と見えてくるのです。

 

例えば、

仕入れの方法を学んでみよう

→スタッフの教育について店長はどう考えているのか、今後はそばで観察してみよう

→商品の原価がどれくらいなのか調べてみよう

 

などなど、

俯瞰して仕事を見れるようになるのです。

そうなれば、

あなたは潜在オーナーです。

もう、ヒラ店員マインドではなくなり、

自然とやりたいことが見えてきて、結果的に

将来の収入も上がることになります。

 

とにかく、

目標は現状の外側に。

 

今からでも、

まだ間に合いますよ。

 

もう一度、

今年の目標設定を見直してみてください。